<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

海外の投稿から 心に響く言葉があったので


みなさんにも ご紹介したいと思います。



















c0306734_21502426.jpg





翻訳します。( 超訳です )




ハンドメイド作品を買う時 あなたは 単に モノを買っているのではない。




そこには 何百時間もの 試作や失敗に費やされた時間が 含まれている。



何日も 何週間も 時には 何か月もかけて 試行錯誤し 壁にぶち当たりつつも



ついに作品を完成させた時の その喜び。 作品には そんな作者の気持ちが 入っている。




あなたが買っているのは ただのモノではない。




それを作った作者の気持ちであり 真心であり その人の人生の一部である。




そして 最も大切なのは



作品を買うことにより あなたは そのアーティストに



その人にとってかけがえのない「作品を作る時間」を 買い与えているのである。









翻訳や通訳は苦手です。



ついつい 相手の言わんとしていることを読み取り過ぎて


行間まで訳してしまうから。



英語をそのまま機械的に翻訳しても 日本語にすると味気ないので ついつい、ね。








ハンドメイドを 既製品や機械製の製品より ともすれば低くみる傾向は


海外にもあるようです。



でも 機械にはできないような精巧な作品や


オリジナリティーや芸術性の高い作品に対しては 


たとえ無名の作家の作品でも 惜しみない対価を支払ってくれる文化もあります。





一方の日本はというと、手作り品のクオリティーの高さは 世界屈指でありながら


まだまだ ハンドメイド=お手頃価格で当然、という風潮もあるのではないでしょうか。



先日 訪れた手作り市で あるアクセサリー作家さんのブースを覗いていたのですが



近所のおばさんみたいな人が ふらりとやってきて のたまいます。



「ねぇ 材料だけ売ってくれない? 私 自分で作るから!」




ホンマにあんた 作れんのかいっ!?と 思わず突っ込みそうになりましたが


年配の人の方に限って たいしてハンドメイドができないのに 


「こんなものぐらい 簡単に作れる!」と


豪語する傾向があるような気がするのですが 気のせいでしょうか?



たぶん その母や祖母の代は いろんなものを 魔法のように簡単に作り出していた世代なので



自分はやったことすらなくても 「誰でもできる」と 思っているフシがあるのではないでしょうか。




でも ハンドメイド作品の値段は 材料費と工賃だけではないはず。



その作品までを売り出すまでに どれだけの試作品を作り、どれだけの失敗作があったか・・・・。



その作品をデザインするまでに その人の人生のどれだけの時間と能力が費やされたか・・・・。


だって 材料は作家さんが作ったわけではないでしょ?といっても 

その素敵な材料を見つけるために 作家さんが費やした労力も馬鹿にならないはず。


何よりも その材料を組み合わせる「センス」こそ その作家さんの作品の一部なわけで。




もちろん 中には 他人のパクリみたいなものを ササッと作って


けっこうな値段で売っている人もいます。 それは 海外も同じ。


でも 血肉を削って造られたハンドメイド作品には


その作品に込められた「魂」の分まで含めて お値段を支払いたいと


私は 常日頃思っています。





Buy handmade!

Support an artist!


※ support an artist というのは よくポスターなどにも使われるスローガンであり、
  [an ] だからといって 一人だけサポートするという意味ではありません。
  不定冠詞anには 不特定個人という意味があり 
  つまり あなたが一度にサポートできるアーティストはたいてい一人だけど(物を買うなど)、
  それを繰り返して行ってくださいという意味です。



みなさんも 手づくり市にいったり バザーでハンドメイド作品を買う機会があったら


是非 この言葉について 考えてみてくださいね。







Have a nice weekend!


よい週末を!















にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]



スマホが普及して 一躍 脚光を浴びるようになった


ハンドウォーマー。



いわゆる 指なしの手袋ですね。



以前から 作りたいと思っていました。



そしたら 図書館で借りた本の中に かわいいデザインのものが見つかったので



さっそく 作ってみることにしました。





参考にしたのは この本。










c0306734_14581798.jpg




「かぎ針編みの冬こもの」 レディブティックシリーズ より



表紙にも使われている このハンドウォーマー。





c0306734_14591824.jpg



ちょっとレーシーな感じの 松編みが 今の気分にぴったりなので


この図案で作ることにしました。






糸は これまた いいのが 見つかりました~









c0306734_150473.jpg




先日 ユザワヤで セールになっていた 輸入糸。 SOFFCOTT。(ソフコット?)


10玉で 1430円! (・・・・ だったと思う)





この糸に関する情報。






c0306734_1521892.jpg







c0306734_1525847.jpg




コットン・ウールで 肌触りがとても良く 軽いです。



お洗濯もできます。 




糸の太さは一定ではなく ちょっとニュアンスがある感じです。




そして 何といっても この若草のようなグリーンに惹かれました。






問題は ゲージが合うかですが・・・・










c0306734_15102943.jpg




問題なぁ~~し。 ( って もう 編み始めてるしっ! )








それにしても 手袋を編むのって 指の部分が一番大変なわけだけど


それが なく、


しかも ほぼ減らし目なしの 寸胴ちゃんだから すぐに出来上がりました。



親指のところだけ 3段ぐらい編んだのが また かわいいのよ~~






ちなみに 見本にあった お飾りの部分。





c0306734_1513525.jpg



すっごく かわいいなぁ~と思っていたのですが


今回のグリーンの糸の雰囲気には 何となく 合わなさそうだったので


ちょっと 変更。




また 100円ショップの グッズを使います。








c0306734_15144351.jpg




何のために 買っておいたのだろう・・・・



なぜか 昔に100均で買ってあった 合皮のコード。




これを片手に you tube で 検索して~~~













c0306734_15162384.jpg




正しい リボン結び~~。( ← いまだに ビデオ見ないと わからんか? )














完成です。







英語題はね~ ( まだ やんの?)
Grass Green Hand Warmer です。  (← たいしてひねってないし )




















c0306734_1519447.jpg





う~ん ハンドウォーマーを かわいく撮るのって 難しい。





仕方がないので 極力出したくはないけど 



どブスな 私の手で 着画を失礼いたします。










c0306734_15213055.jpg




もっと手のキレイな人がつけたら 10倍 かわいく見えたはず。( ← まだ 言う? )










ハンドウォーマーって 冬が来る前で まだ 手袋ほどでは~って時にも


自転車の風が冷たくなってきたら 重宝しそうだし


真冬も 電車の中や デパートでは 指まであると 邪魔で暑いから


このぐらいのものが 今年は 活躍しそう!






まだまだ この秋晴れの期間を楽しみたいし 寒くはなってほしくないけど


このハンドウォーマーの出番が来るのも 楽しみなのでした。











ちなみに10玉買ったこの毛糸ですが


ハンドウォーマーは 30gの1玉+少々でできちゃいました。





残りで何編もうかな~~ ( 多分 しばらく 熟成予定 )







それでは みなさん 


金曜日の夜をお楽しみください~










にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]





我が家のトイレは ブルーです。























c0306734_14111284.jpg




夏は涼しげだし この色が 落ち着くので 私は 気に入ってます。





















c0306734_14123028.jpg



手洗いシンクの ウッドの色との相性もいいかな~と思って 選びました。

















そんな ブルーのトイレを気に入ってくれているのは


わたしの他にも もう一人・・・

















c0306734_14134678.jpg




おや おや リッキーさん!





時々 姿が見えないなと思ったら


こんな所で おくつろぎのところに 出くわします。



















c0306734_1414432.jpg




どうやら 爆睡モードのよう。




そんなところにいたなんて 知らなかったよ~















ちなみに 上からの図。




















c0306734_14165087.jpg





パズルのように ぴったり 隙間に入っています。












でも 狭くないの?






















c0306734_14174072.jpg




そうすか。










ワンコって お家の中で いろんな自分なりのスポットを見つけますよね。




でも まさか トイレのココが リッキーのお気に入りに加わろうとは!






この間は 急いでトイレに入って  ふぅ~~っと 用を足していたら



のっそりと リッキーが隙間から出てきて びっくり仰天!




最初から 中にいたのに 気づかなかった!!








リッキーも家族だから 家のどこでくつろいでくれてもいいけどサ、



時々 ふいに ママを驚かすのは やめてね。












にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by crochetricky | 2013-09-24 14:25 | 愛犬Ricky


日本でも ずいぶん 盛んになってきたハロウィン。




子供たちが 仮装した姿は とっても かわいいですよね。




我が家は 子どもたちが小さいころ アメリカで暮らしていたので




ハロウィンには 特別な思い入れがあります。




今日は そんなハロウィンの思い出を フレームにしたてた




過去のハンドメイドの作品を ご紹介させてください。











まずは フレームの全体像。
















c0306734_13275316.png




黒縁の 立体の額を買って


その中に 子供たちの写真とともに いろんなものを 閉じ込めてみました。










まずは 子供たちのハロウィンの写真を 切り取ります。











この当時 娘は小学校1年生。


息子は 幼稚園の年少さんでした。



2人のこの年の仮装は こんな感じ。














c0306734_1330045.png



娘ちゃんは ティンカーベル。



パンプキンのバケツを持って これから trick or treat に GO!というところです。








一方の息子くんは 幼稚園で作った 手づくりの衣装。


何だか わかりますか?













c0306734_1331551.png




これ、彼がお気に入りの映画「 toy story 」から


バスライトイヤーの 仮装を作ったつもり。



ちゃんと背中に ウイングもあって なかなか良くできていましたよ。



最近は手作りの衣装を着ている子は少ないということで



アメリカ人の大人たちにも 大好評でした。








フレームの中を開けて 中身をご紹介しましょう。













c0306734_13432672.png




全体に敷いたのは ハロウィンのスクラップブッキング用の台紙です。



そこに スクラップブッキング用の 立体シールをいろいろと貼っています。



最近は 手の凝ったシールが増えているので



そうしたシールを使って 何か作ることはできないかと考えたのが



このフレームづくりのきっかけでした。



台紙もシールも 日本でも手に入ると思います。















c0306734_13451645.jpg




タイトルの ”Halloween ”も シールですが



もう一枚 別の台紙を敷いて ちょっとアップグレード。










c0306734_13465027.jpg



ハロウィンといえば クモにおばけ そして コウモリ。



3,4種類のハロウィンのシールから 組み合わせました。







そして・・・・







c0306734_13475548.jpg



わたしが大好きな candy corn.


アメリカで古くからある ハロウィンというと出てくる 伝統的なお菓子です。


とっても甘くて おいしい!






ハロウィンといえば お菓子!




娘ちゃんの手元のバケツにも・・・・・











c0306734_1348598.jpg




シールのお菓子が たくさん くっつけらています。(笑)



立体的で おいしそうな お菓子のシール~











そして ハロウィンの舞台は こわ~いアメリカの夜の住宅街。



(アメリカでは 夜 暗くなってから trick or treat に出かけます )














c0306734_13505971.jpg



不気味なフクロウさん。


シールとは思えないほどの 完成度の高さ。












アメリカのお家は みんな お化け屋敷のようにデコレーションしてあって


怖いんですよ~




そんなシールもあったので ペタッ。














c0306734_13533530.jpg





アメリカのお家は 前庭にこうして 墓石を置いたり



ガイコツを転がしておいたり  木から 白いシーツをぶら下げてオバケに見立てたり



お菓子をもらいに来る子供たちを 本気でおどかしてくれます。


(子供に付き添っていた 私も 夜は本当に 怖かったぁ~)











c0306734_13571190.jpg



アメリカでは こんな プラスチックでできた墓石が


ハロウィンデコレーションのグッズとして 雑貨屋さんにたくさん売っているんです~



けっこう大きくて 本当の墓石のサイズぐらいあるのですが



それを収容できる お家の大きさも羨ましいですよね。














そして 家の玄関には jack o'lantern。(ジャック・オ・ランタン)







c0306734_13564149.jpg




これは アメリカのミニチュア作家さんに いただいたもの。


樹脂粘土で手作りしてあり



そこに私が 油性ペンで 顔をかきました^^;





夜の誰もいない家の前に  本物のかぼちゃをくりぬいたランタンが



炎をゆらめかせて 薄ら笑いを浮かべている様は




本当に 怖い!

















c0306734_1453041.jpg




横には 息子が アメリカのカーニバル(お祭り)の景品でもらってきた



プラスチックのクモも 添えてみたりして・・・・。
















手前のガラスのカバーの所には













c0306734_1473859.jpg





これまた ハロウィンには欠かせないモチーフ、黒猫を



別のハロウィンの台紙から切り取って 配置。











そして ハロウィンの主役? 



魔女は かぎ針で作ってみました。















c0306734_1484386.jpg




夜空には やはり witch がいないとね。



( 作り方は 
  はじめてのレース編み季節の行事立体プチモチーフ100 (アサヒオリジナル 258) [ムック]
  に 載っています )










とにかく 市販のシールを 子供たちの写真とともに


じゃんじゃん貼り付けただけですが 


毎年 ハロウィンの季節になると このフレームを出してきて



楽しかった アメリカのハロウィンの懐かしい思い出に浸ると共に



日本の秋を感じています。















c0306734_1415719.png





写真でもない、スクラップブッキングとも ちょっと違う、



こんな記念日のフレームづくり、



誰でも 市販のものを組み合わせればできる



簡単ハンドメイドですので よかったら 作ってみてください。













では また~♪










にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]



また すごい 海外のアーティストに出会ってしまいました。



今回 ご紹介する方は かぎ針は かぎ針でも



極細のワイヤーを使って アクセサリーを制作されるという



ワイヤークロッシェの アーティストさんです。




まずは 作品をご覧いただきましょう。














c0306734_13175711.jpg





1本のバラでも ワイヤーで作ると


なんだか アンティークローズと呼びたくなるような 存在感。










c0306734_1221378.jpg




ワイヤーなのに この色の明るさ。


鳥の生き生きとした 感じが こちらにまで 伝わってきます。













作者は イギリス人の サフロン・ジョーンズさん。31歳。



イギリスの芸術学校などで学び 7年ほど前に ブルガリアに移住されたそうです。



サフロンさんは 自然に囲まれた環境で育ち



小さいころから 森の中で 花や虫、動物などを見るのが大好きで



いつも それらの生き物たちが 生き生きと暮らす「 別の世界 」を 夢見ていたそうです。



そんな 彼女の頭の中にある 夢の世界を表現するには どうしたらいいか・・・。



いろんな材料や技術を試した結果



ついに サフロンさんは カラーワイヤーという 材料に出会い、



「 これこそ 私が求めていたもの! 」と 直感したそうです。







だから 彼女の作品には 夢があふれています。



小さな女の子が 森の中で 夢見ていた世界が そのまま 表現されています。











c0306734_12364399.jpg




この飛んでいるブタちゃんの表情が とっても 生き生きしている!










c0306734_12371780.jpg




シカちゃんも 飛びます!





夢の世界は広がって・・・・・









c0306734_12391229.jpg




うさぎちゃんは 凧をあげていますよ。




でも これ ちゃんと アクセサリーになっているんです。


豚さんと シカさんは ブローチですが


この うさぎちゃんは・・・・・













c0306734_12402782.jpg




なんと 指輪!



気分によって うさぎさんと 凧さんの位置を変えられるのも 楽しい!






こちらは ブローチ。













c0306734_12411716.jpg



ねずみさんの 足元の ピンとした感じが すっごく いいわぁ~


本当に 楽しい音楽が 聞こえてきそう!













サフロンさんが 使っている ワイヤーは 0.2mmが多く 最も太いものでも 0.5mmとか。


そして その細さのワイヤーで 地球上に存在する ほぼ 全ての色を集めたそうです。



だから 動物たちが あんなに 生き生きして見えるのかな。


きっと たくさんの色が 使われているんでしょうね。









カラフルな世界は こんなところにも・・・・・。











c0306734_12441555.jpg




ユニコーン。 かわいい。










c0306734_12442985.jpg



虹を見ると ハッピーな気分になれますよね。










ちなみに 偉大なアーティストである サフロンさんですが


かぎ針編みをするようになったのは ほんの数年前のことだそう。


ワイヤーを使って何かを表現したいと思う時に


かぎ針編みでやってみることを思いつき、


それから 自分で 本やビデオを見て 独学で かぎ針編みを習得したそうです。



すごい!








ワイヤーだと こんなに小さな作品に たくさん色を使っても 


あんまり糸始末に苦労することもないのかしら、なんて 思ったり・・・。






ビーズやメタルパーツを組み合わせたりもして


サフロンさんの ワイヤークロッシェの世界は どんどん 広がっています。











c0306734_1394395.jpg











c0306734_13184255.jpg











サフロンさんの作品が買える web shop ’ other worlds ’ は  こちら












それでは みなさん よい週末を!





にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]



図書館で借りてきた本の中に



作ってみたいと思う物があったので 作ってみました。




参考にしたのは この本。






c0306734_9572072.jpg



かぎ針編みの小物&アクセサリー―コットン・リネンで編む [単行本]
稲葉 ゆみ (著), かんの なおみ (著), Sachiyo*Fukao (著)





この中に ちょっと気になる お花のコサージュがあったのですが


見本は 紫のグラデーション、


しかし 手持ちの糸には なかったので


ちょっとナチュラルなイメージで


エミーグランデの ベージュ系のグラデーションで作ってみました。







5枚の花弁のパーツを3枚作ったところ。







c0306734_9594383.jpg



作ってみると けっこう やわらかく仕上がってしまったので


水につけて どっぷり濡らし 乾燥~。

 (こうすると 目がつまって しっかりする。ような気がする






中心には ヘップをワイヤーで止めて


3枚のグラデーションカラーのパーツを 重ねて 縫いまとめます。



さらに 花弁が 開いてしまうので 組み立てた花を うつぶせにして



全体にスプレーのりをかけ 固めました。





小物と思って 気軽に作り始めたけど


花びらは 一枚ごとに 糸を付け替えないといけないし、


乾燥、組み立て、糊付けなどで 時間はかかるし


思ったよりも 手間がかかりました。






葉っぱは レシピの通り ちょっと垂れるようなデザインで。


最後に コサージュピンをボンドでつけ 完成です。









できました。







リネン色のお花のコサージュ。 です。



















c0306734_107140.jpg




けっこう きつめに糊付けしたにも関わらず


花びらが 開きたがって なんだか 見ようによっては 食虫花みたいになっちゃってますが


どうでしょう???




わたしにしては めずらしく ナチュラル系のイメージで まとめてみました。




現実のお花にはありえないような お色ですけど



やさしい色合いで これは これで 洋服や カバンにも合わせやすそう。



同じ色で作るよりも


3枚の花を グラデーションで作りたかったので ベージュ系でまとまったのが うれしい。










c0306734_10131029.jpg



ひょっとしたら どこかの野原に


こんなお花が咲いているかも・・・・・。



な~んて。







で、これを どんな風に使おうかと



手持ちの洋服とのコーディネートを考えたり


バッグにつけるとしたら どのバッグにしようかな・・・・なんて考えていたら



いいこと 思いついた!!







これから このコサージュを使って あるものを 作ります。



その様子は また 明日の記事で。









よかったら 覗きに来てくださいね。







それでは また~♪











にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]


ある夜のこと、



ふと振り返って リッキーがいるはずの方向を見ると・・・・・



















c0306734_10314736.jpg




なんか リッキーのシルエットが おかしい・・・









近づいてみると・・・・・













c0306734_10323416.jpg















c0306734_10325282.jpg








誰だ~? リッキーの上に こんなもの 乗っけた奴はっ! 


と、聞くまでもなく 犯人は 約一名。



まったく 何をやってるんだか・・・・・。



でも リッキー 重くないの??










c0306734_10345225.jpg







全体重 乗っけられているけど


苦しくないかしら?













c0306734_10354462.jpg



あら、熟睡してるのね。






お布団代わりになって 気持ちいいのかな~? と



顔を覗き込んでいたら・・・・・










c0306734_10362757.jpg



だそうです。











でも その後 しばらくして見たら・・・・・・















c0306734_10374081.jpg



暑くなったんでしょうね~


いつもの定位置で おねんね。






でも この様子、何度見ても・・・・・












c0306734_10382921.jpg



もう一匹 犬が増えたような気がして ドキッとしちゃう。















それにしても なぜ 犯人は こっそり


リッキーの上に 自分のぬいぐるみを置いて


どこかに行ってしまったのでしょうか?


まったく 謎な 人物です。













にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by crochetricky | 2013-09-17 10:42 | 愛犬Ricky


あみぐるみの可能性は無限大。


レシピなんてなくても 自分の好きなキャラクターや生き物を


ぬいぐるみにできちゃうのが 魅力ですよね。( 才能があれば? )



でも 世界のあみぐるみ事情に目を向けてみると



「 なぜ これを あみぐるみに? 」 と



首をかしげたくなるような 変わったものが たくさんあります。



今日は そんな ”不思議なあみぐるみたち” を ご紹介。






まずは こちら。


















c0306734_11471392.jpg



おじいちゃん 間違えて これ口に入れちゃうよぉ~~~



歯をひとつひとつ作らないといけないし けっこう 労力がかかっている作品だと思うのですが



なぜ これを お作りに?







こちらは まだ 実用性があるかしら?





















c0306734_1148353.jpg



便器のカタチを表現するのは 大変だったはず。


ピンクッションとしての実用性もあるけど なぜ このカタチ??







便器のカタチって どこか かわいらしさがあると 昔は思っていたけど


今は トイレ掃除しなきゃ~~って 気分になるから テンション下がるかも。













つづいても 家事系?














c0306734_11535870.jpg


けっこう 手が込んでますよね~


スイッチや コンセントとか 構造が すごい!!


しかし なぜ この物体を あみぐるみに??


そろそろ 扇風機を仕舞わなきゃだけど こんなに暑いと まだ 仕舞えないですね・・・。


これを 置いておけば 涼しさを感じるかしら?


でも ニットだから びみょーですね。












そして こちらも マシーン系?


























c0306734_11562234.jpg



いいねぇ~ これは かわいいかも。


コンセントのあたりも凝っていて すてき。


でも これ置いておいて どうするの??













こちらも 実用性のなさでは いい勝負。





















c0306734_11574210.jpg



かわいいけど・・・・。


お裁縫が嫌いなくせに ミシンのモチーフの置物とかは大好きなんだけど


これは なんか 微妙だわ・・・・。



でも 作った人の力量には 感動させられますね。


















ここまでくると 眺めているだけでも 楽しいかも?





























c0306734_1203029.jpg





c0306734_11595043.jpg



プラモデル並みの 細かいパーツを組み合わせた すばらしい作品。


バイク好きな人なら 垂涎物ですね~


見れば見るほど 作った人のバイクへの愛を感じちゃいます。










構造がすごいと言えば こちらも。























c0306734_1213231.jpg


あみぐるみというより 性教育グッズか?


これなら 子どもが小さいころに かわいらしく? ごっこ遊びの感覚で


性教育できるって????


でも すごく 構造が 複雑。 これを作った方の 情熱に 頭が下がります。



ただ 出産経験者としては 赤ちゃんが出た後の 


おなかの皮のたるみぐあいが リアルすぎて 悲しい。





















そして 最後は こちら。


なぜか これを見て 海外の皆さんは ほしい~~~~!と 絶賛。


日本の皆さんは まず 欲しがらないと思う。






























c0306734_124712.jpg



ハロウィンの飾りにぴったり!とか


娘が ハロウィンの時に 持ち歩きたいと言ってます!とか


とにかく 欲しい! 作りたい! 作り方を教えて! と 世界が大絶賛。






う~~~ん。





確かに アメリカのハロウィンは 特に10代になると


やたら キモカワっていうか むしろ スプラッター系の


血みどろ~とか 目玉が飛び出す~ とか 腕がもげた~~ 系の コスプレをやりたがるんですよね。


そこに こんな かわいい? あみぐるみの 「生首」を持って歩けば


すっごい おしゃれ~~~ って ことなのかもしれませんが


日本人の私には 理解不能・・・











でも 他人には絶対理解できない感覚で ありえないようなものを


自分で作れちゃうのも あみぐるみの魅力といえば 魅力。





どの作品も 完成したものを 「ありえね~~」と こき下ろすのは簡単ですが


良く見ると どれも とても手が込んでいて 構想やデザインから考えると


何日、何週間もかかったような 力作ぞろいでもあります。






「理解不能」といいながらも こういう自由な発想ができ


それを かぎ針で カタチにできる このアーティストマインド。


わたしは 密かに リスペクトしてもいるんですけどね!


きっと 世の中にどう思われようと


作っている本人が 一番楽しみながら 本当に作りたいものを作ったんだと思います。









以上 世界の不思議あみぐるみ集 でした。






それでは また~♪













にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]



海外の毛糸は いろんな色のグラデーション(濃淡色)を


揃えてくれているのが いいなぁと思います。



たとえば この間 買った DMCの糸は 


ピンク系のグラデーションが かわいい。







c0306734_11311260.jpg




もうだいぶん糸が減ってきましたが


同じピンク系でも 3つのトーンがあると いろいろ遊べます。









c0306734_11322141.jpg



同じピンク一色よりも こうして 糸を混ぜ合わせたり 組み合わせたりした方が


何となく 作ったもののカラーに奥行が感じられるのは 


多分 気のせいではないはず。








で、ピンクといえば バラかしら?と


濃淡の2色を使って バラのモチーフを編んでみました。












c0306734_11335080.jpg



同じ図案で編んでも 濃淡の組み合わせ方や 


外を濃くするか 内の方を濃くしていくかで また 印象が変わりますね。












で、 こんな調子で いろんなピンクのグラデーションのバラを作り、


そんな バラちゃんたちが かわいかったので


そのなかの ひとつを シュシュに仕立ててみることにしました。












バラの花の下には 葉っぱを2枚編んで、


ベースの色は ちょっと ロマンチックな感じにしたかったので


あえて グリーンにはせず グレーっぽい糸を 選びました。












そんなわけで?




ASH ROSE  シュシュ、 です。




















c0306734_11372463.jpg




かなり ロマンチックな感じの仕上がり。


バラは 目数を増やして ちょっと大きめにしました。



何個か組み合わせても良かったけど けっこう存在感のあるバラになったので


あえて ひとつだけ。











着けてみた感じは 幸い 娘ちゃんがいたので モデルをお願いしました。

















c0306734_11404023.jpg



かな~り バラが 際立っております。







お花がコサージュっぽいので


腕に巻いて ブレスレット感覚で使ってみてもいいかもしれませんね。


( ま、私が使うことはないかもしれませんが・・・・。)








お花に限らず ブランケットとか いろんなモチーフも


あえて グラデーションを使うと ぐっと印象が変わって おもしろいですよ~。






みなさんも よかったら 試してみて下さい。









では では~ ♪








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
ワンコのオシャレグッズって いろいろありますよね。



先日 ホムセンに行ったら こんなものがあったので 



リッキーに 試着させてみました。

















c0306734_904095.jpg



ただ今 装着中。











どうでしょう?


























c0306734_912868.jpg


えっと どちらへ 芝刈りに?










リッキーちゃん ちゃんとお座りしたままで


モデルはバッチリなんですが・・・・・






















c0306734_92562.jpg


似合わね~~~~


















そもそも こういうお帽子が似合う子って いるのかしら?


それ以前に ワンコは 嫌がらずに 帽子を かぶりつづけられるものかしらん?

(構造的には 帽子の中に 耳を通すところがあり あごヒモも調節できて

 ちょっと歩いたぐらいでは脱げないように ちゃんと作ってありましたが )











それでも 飼い主たちが 似合わないなりに 


きゃぁ~ きゃぁ~ 騒いでいたら・・・・・













c0306734_98152.jpg


だんだんリッキーが 不機嫌なお顔になってきたので


「 ごめんね~ ためしに やってみただけだよ~~ 」 となぜか 言い訳しつつ


取り外しました。









でもね 見ていると ついつい 「似合うかな?」って 


試着させてみたく なっちゃうのよね~~~









ちなみに リッキーは ホムセンでのショッピングが大好きで


ホムセンに近づくと ワンコ用のカートの置いてある場所をめがけて グイグイ。


乗せてあげると しっかり 前を向いて お座りをして


クンクンしたり 乗り出したりせず じっとしています。( カートに乗るのが好きみたい )


そして ひたすら前を見て 母のショッピングに つきあってくれます。 

( なんだかんだといって プチ自慢? )






リッキーと一緒だと 


生活雑貨の買い出しも ちょっぴり 楽しくなるような気がするので


時々 意味もなく リッキーを連れて行ってます。





ワンコと一緒に ショッピングできるって 楽しいですよね~





ワンコを飼っていない人や ワンコ苦手な人には迷惑な話かもしれないけど


近所にワンコと一緒におでかけできる場所があって ラッキー。



もっと そんな場所が増えたらいいのになぁ~なんて


思ってしまう 飼い主なのでした。













それでは また~♪








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by crochetricky | 2013-09-12 09:12 | 愛犬Ricky