【海外】ついにタワシが英語に?



ずいぶん前のことですが アクリルたわしの図案で かわいいお花があったので

編んでみました。

こんなのです。


c0306734_21182008.jpg

わりと凝った造りになっていて 裏は 手を通すベルト付き。

ちょっとうれしかったので 海外の編み物グループのサイトに投稿。
(まだ日本語のブログをする前のこと)


しかし はて・・・?

アクリルたわし なんて言っても 英語じゃ通じない。

え~っと 日本で流行っているんだけど 食器洗いスポンジみたいな感じで
でも シンクとかこれでこすると 洗剤つかわなくても すっごくキレイになるんだよ~ 

と、英語で解説。

一応 アクリルたわしの素晴らしさを伝えなきゃ!と思いましてね。


そしたら すぐにコメントがつきました。





「 それ タワシやろ? 」 (← 原文は英語です )




相手は明らかにアメリカ人だったので アクリルたわしを知っていることにビックリしました。

でも 海外の編み物好きの人って けっこうオタクっぽい人も多く

マリオとか ピカチューの編みぐるみばかり作っている方もいるので

そういう 日本好きな 「特別」 日本の事情に詳しい人が 

「日本では タワシって言うんでしょ? 知ってるよ~」 

という意味で コメントしてくれたんだと思いました。




それから 数年・・・。



どうやら amigurumi (あみぐるみ) に続き tawashi (タワシ) も
英語になりつつあるようです。




こんな本が ついに発売されました。




c0306734_21171336.jpg
 
アメリカの 「タワシ本」

オレオクッキーや ビーチサンダル(ぞうり ちゃいますよ~) のモチーフがアメリカらしいですね。



確かに アメリカにも 以前から アクリルたわしに似たようなものは存在しました。

dishcloth (ディッシュクロス)といって
コットン糸で 細編みや模様編みなどで 四角く編んだもの。

食器洗いの時にスポンジがわりに使うみたいです。
(あちらは 食洗機が一般的なので 予備洗いのために さっとお皿の表面の汚れをふき取る程度)


あとは 手袋のような形のもので body scrub とか。

これも コットンで編んであり 体を洗うときに タオルがわりに使います。



じゃぁ それらと 英語の tawashi は何が違うかというと

コットン100%なのは 同じなのですが

色んな楽しい形をしていること、
これまでの 食器やお風呂だけでなく
お掃除や 洗顔などにも使える! という事みたいです。


アメリカのアクリル糸は むしろベビー用という感じで
フワフワと ソフトな肌触りで 発色が綺麗なのが 特徴です。
だから アクリルで編んでも 日本のアクリルたわしのような 研磨効果は出ません。


そのかわり アメリカでよく売っている 極太のコットン糸で編むと
しっかりした「タオル」みたいな感じになって 使い勝手がいいようです。


ところ変われば~~~ ですね。



でも お掃除用のタワシなのに きれいな花の形をしていたり
食べ物や 動物といった いろんな形をしている 日本のアクリルたわしは
海外の人にも 「おもしろい!」と思ってもらえたようですね。


これから 海外で どんなカタチの 「tawashi」が登場してくるのか 楽しみです。



ちなみに 最初の写真にあった わたしのアクリルタワシ。
せっかくだから 使ってみようと シンクを磨きました。
たしかに シンクはきれいになりましたが
かわいかったお花は すぐにボロボロになり
なんだか 悲しかった・・・。


お友達に作ってあげても 「もったいな~い」って
なかなか使ったもらえなかったり
使ってもらえば 今度は 捨て時に困るみたいで 真っ黒になって
シンクの片隅に ヨレヨレになっている姿を見るのも ちょっと悲しかったりして・・・。


アクリルタワシは 作っている時が一番楽しいかも? 笑。


学校バザーなどでは 常によく売れる定番商品みたいなので
今から 作りだめておこうかしらん・・・


海外のタワシのデザインも気になりますね。



それでは また♪




にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ (CAL)みんなで一緒に編みましょう!へ
(CAL)みんなで一緒に編みましょう!

[PR]