<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みなさん こんばんは~016.gif


先週は あるバザーに出すために
ミニミニバッグを作り、
また その作り方を教える講座を開催したりもして
とっても 楽しかった~


ほんの数か月前に かぎ針編みをはじめた人が
ミニバッグを上手に編めるようになっていて 感激!
(もちろん つきっきりで指導はしましたが(^_^;))


仕上がったバッグは みんなでデコして
とってもかわいく仕上がりました。


作品をみなさんにお見せできないのが残念!


******************************


さて、今日は 海外から こども向けの大きな遊び場を

なんと かぎ針編みで 編んでしまうという

アーティストご夫婦のお話をご紹介します。






c0306734_21165915.png

それは まるで 夢のような空間!

この巨大な遊具、 すべて 手づくりです。



作っていらっしゃるのは なんと 日本人!



c0306734_21170215.jpg


テキスタイルデザイナーの ホリウチ トシコ マクアダムさんと 

ご主人の チャールズ・マクアダム氏 が

世界中の子どもたちのために 作っているというもの。




c0306734_21170560.gif


カラフルなデザインのこの巨大な 「編地」の上を
子どもたちは 登ったり 跳ねたりと
とっても 楽しそう~


c0306734_21171033.gif
このすべてが
ホンモノの手編みというのも 驚きですよね~

(現場で編んで仕上げているそうです)



c0306734_21171599.png

ご夫妻は これまでにも

韓国、日本、中国とシンガポールに

このような遊戯施設を作られたという事ですが

これが 世界に広がって行けばいいですよね。


元記事のページには

子どもたちが遊んでいる様子の動画もあります。

興味のある方は ↓をどうぞ。

http://www.buzzfeed.com/sarahaspler/this-massive-hand-crocheted-playground-is-what-dreams-are-ma#.gw2yXmLQw




編み針ひとつで いろんな事ができるのですよね~♪


うちの子たちが よろこびそう。

日本はどこにあるのか 調べてみます♪




それでは また!








にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

世界でもっとも美しい かぎ針編みのデザインを考えた
デザイナーを表彰する 「世界かぎ針編み大賞」

2015年秋の 部門大賞が ぞくぞくと発表されています。


この 「かぎ針編み大賞」は
2009年から 行われ
有名、無名に関わらず
かぎ針編みの作品を自分でデザインし、
その作品や図案を
ブログや Ravelryなどを通して
発表したり 販売している個人なら
誰でも 参加できます。


毎年 たくさんの自薦・他薦候補者が応募し、
1年を 4期にわけて 
季節ごとに 部門ごとの優秀賞を発表、
その年の最後には
最優秀賞を発表しています。



それでは 今季の部門ごとの
最終選考作品を ご紹介しましょう。




まずは モチーフ部門


c0306734_20504836.jpg


続いて クッション部門


c0306734_20504202.jpg

壁掛けかざり部門


c0306734_20573029.jpg

ドイリー部門



c0306734_20573538.jpg


コースター部門



c0306734_20573852.jpg


カップホルダー、カバー 部門


c0306734_20574360.jpg




もちろん 洋服やバッグなどもありますが
こんなに細かい種目?まであるのかと 驚きですよね。


だいたいのデザイナー(といっても 主婦とか個人の方も多いですが)の方は
ラベリーのサイトで 図案を発表しています。

この「かぎ針編み大賞」は
棒針に比べて 軽視されがちなかぎ針編みのデザインの可能性を広げ
かぎ針編みに取り組むデザイナーの活躍を後押しするために
誕生しました。


みなさんは それぞれの部門のデザインの中で
どれが優秀賞をとると思われますか?


また 発表があれば載せたいと思いますので
予想しておいてくださいね。



the crochet award は ラベリーや facebook でも
選考作品の紹介などを行っています。


興味のあるかたは そちらもチェックしてくださいね。



では また♪



業務連絡:
かぎボラ登録メンバーの皆さんには
最初の一斉メールをお送りしています。
ご確認くださいね。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

みなさん お盆休みはいかがすごされましたか?


お久しぶりです。


先日の かぎボラのメンバー登録への呼びかけには
関東一円から たくさんの方が 反応してくださいました。
とっても うれしかったです。


ありがとうございます!



メールをくださった皆様には
今後 具体的な打ち合わせ内容などを
お送りしますので
しばし お待ちくださいね♪



周囲を見渡しても 身近なところには
「かぎ針編み やるんだ~」という人は
なかなか 見つからない。


それが こうして ネットを通じて
かぎ針編みが 大好きな仲間と
「何かやりたい!」と 力を合わせられるのは
素晴らしいですね!!



去年 イギリスで発揮したようなパワーを
これから 日本でも 活かせていけたらと思います。


たくさんの人を 笑顔にすることを目標に!!



c0306734_21325454.jpg


c0306734_21325122.jpg

編み物をして 「楽しい!」と思う気持ちや
編んだものを見て 「 かわいい~!」と ほっこりする感じを
多くの人に 体験してもらいたいですね♪


まずは 事情があって 入院している
子どもたちを 笑顔にするところから!


ここでブログを読んで下さっている皆様
参加したいけど 遠方にお住いの方、
これからも 活動報告していきますので
応援よろしくお願い致します。




ご応募くださった方々は
まずは ランチ会!
楽しみにしていてくださいね~!!




では また♪








にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村



[PR]


人は編み物を始めて、
失敗したり、完成した喜びを感じながら
それでも 編み続けて 
それから先は どこに行くのでしょう?



ひたすら 趣味として 編み続ける

作品を作って売る

お教室を開き、人に教える





でも ・・・


自分のために編み続けるといっても 
作った作品は 増えるばかり。

人にあげるといっても 知り合いのほとんどにはあげたし
相手によっては それほど喜んでくれなかったり?

作品を売ると言っても コストと利益の計算、納期、
新しい商品の開発・・・疲れちゃうこともありませんか?

お教室は楽しいけど 自宅を開放できる人ばかりではないし、
場所を借りてやるとなると 大変ですよね・・・・



でも 思うんです。



編めるって すばらしい。

決して 誰でもできる技術ではありません。

でも わたしたちには それができる。



だから たまには


自分のため、友人のため、
商品のため、売り上げのため、
お仕事のため、


そんな 事を 忘れて
純粋に 編むことを楽しんでみませんか?


見知らぬ誰かのために 編んでみたり
ただ 編み物を楽しむためだけに 
その技術を活かせてもらえませんか?




というわけで・・・・(*^_^*)

かねてよりお知らせしていた
かぎ針編みで行うボランティア= かぎボラ のご案内です。




正式に 東京都小児総合医療センターにおきまして
編み物のボランティアを 実施することになりました。





わたしたちが できること、
あちら側が やってもらいたいと思っていること
いろいろありますが
まずは 入院しているお子さんたちを対象に
小さなワークショップを 開催することから
はじめることが 決定しました。





開催時期は 11月ごろ。

まだ 詳細日程は決まっていませんが
こちら側は 4名ほどのチームで 訪問します。



教えるのは くさり編み です。


つくった鎖をアレンジして 小さな作品に仕上げます。



参加するお子さんが どんな方かは
今の時点では わかりません。


ワークショップの内容を見て
興味を持ってくれた子たちが 参加してくれます。


幼稚園ぐらいから 高校生ぐらいまでの
入院患者さんが 対象になると思われます。


東京都小児総合医療センターは
JR中央線 西国分寺駅から バスで5分ほどの所です。


中央線、京王線 ご利用の方には 
比較的アクセスのよいところかと思われます。


活動日は 平日の午後です。
ワークショップの時間は 
午後2時から1時間程度になる予定です。



ボランティアの当日、風邪を引いていたり 
体調を崩していなければ 誰でも参加できます。



以前の記事でも 
「参加してもいいよ~」と声をかけて下さった方が
何人かいらっしゃいましたが
本日 正式に 「かぎボラ」の 
登録メンバーを募集したいと思います。


登録メンバーになったからといって
絶対に ボランティア当日に
参加しなければいけないわけではありません。


しかし 上記のような条件で
かぎ針編みのボランティアワークショップに 
参加できる可能性が高い方 
事前の 打ち合わせミーティング(都内で開催予定)にも
参加することが可能な方 

何よりも
このボランティア活動に 関わってみたい!
思ってくださる方、


いらっしゃいましたら
鍵コメでも メールでも ご連絡下さい。

1、お名前
2、最寄駅
3、PCからも返信できるメールアドレス

の記載をお忘れなく。
メールの件名は 「かぎボラ」で。

こちらのアドレスは

crochetricky@excite.co.jp です。



今後は その方々を中心に
詳細を打ち合わせていきたいと思います。


(いずれは ヤーンボムもやっちゃうかも!?)


ご理解、ご協力いただける方の参加を
お待ちしております<m(__)m>



誰かいてくれるといいなぁ~






にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
毎日 ものすごい暑さが続いていますが
みなさま お元気ですか?


冷房が苦手なので なるべくつけないようにしたいのですが
この暑さと湿度では 無理~~~

しかも 夏休み中で子供がいるので
みんな 遠慮なく? 午前8時には ピ!で ON です(^_^;)


いや~ それにしても 暑い!
週末に避暑地とよばれる場所に行きましたけど
やっぱり 暑くて びっくりしましたもの・・・



でも 冷房の部屋にいるだけでは どうしても体調を崩してしまいがち。
かといって 不用意に外に出ると これまた 頭がクラクラするほど。
(熱中症になる~)


何か いい方法はないかと 考えた結果、
午前中は 家事や宿題にいそしみ、
午後になると 家を飛び出し 
隣町まで ウォーキングするようにしました。


目指すは ちょっと遠くのファミレス♪



入るなり 「ドリンクバー 下さい!」 で
その後は これ・・・・。



c0306734_21140140.jpg

編み三昧~~~~ヽ(^o^)丿


毎回 ランチ時間などの忙しい時は外して ティータイムにお邪魔し、
静~な店内で ドリンクを飲みながら
編み物したり 本を読んだり たまっていた雑用をしたり・・・。


滞在時間は1時間程度ですが、
これが けっこう はかどる~!!


で、 水分補給して リフレッシュして
また 暑い中 ウォーキングして 家まで戻ると
ちょうど いい運動にもなったりして 一石二鳥。
(約5~7キロぐらい 歩いています)



これまで 夏は 中の冷房と外の暑さの調整ができずに
体調を崩すことが多かったのですが
この 灼熱ウォーキング を始めて以来
すこぶる 体調が良いです。

(午前中に 掃除機やアイロンをやって
 汗をかきまくるのも ポイントです♪)



今は 娘の学校のバザーのための商品づくりに忙しく
小さいモノを いろいろ編み編みしています。
(もちろん コットン糸で~~^^)



みなさんは 暑い夏、
どんなものを 編んでいますか?



暑さに負けずに
健康に気を付け がんばりましょうね♪



では また♪




にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

先日お知らせした Crochet with Ricky の
フェイスブックのページに たくさんの Like を
ありがとうございます!


さて 今日は 
海外でも いつも話題になる このお話。


「ハンドメイド品のお値段」



c0306734_23125660.jpg
(訳)

「あなた わたしに 手編みのものを作ってくれって言うけど
 毛糸の材料費だけで 25ドルでしょ?
 制作時間は 20時間以上かかるのよ?
 
 なのに あなた たった10ドルしか わたしに払う気がないって?
 信じられない!
 ウォルマート(アメリカで有名な安売りの店)にさっさと行けば?」





ハンドメイド品の値段をつけるのって 難しいですよね。

でも 買う側が平気で 材料費以下の値段を言ってきたり

「 これって どう見ても 材料費 1000円ぐらいでできますよね?
  だから 1000円でいいですか?」

みたいな事を言われたら かな~り むかつきますよね。



海外のクラフトフェア(手作り市)では
平気で こういう事をいう人が たまにいるらしく、
(材料費が@@$だから @@$にしろ!的な)

出品者の女性が
「じゃぁ お宅の言う値段でいいですよ」と
にっこり お金を受け取り
手作り品のかわりに その方のお宅に
材料そのものだけを 送りつけたとか・・・・(^_^;)



手編みだけでなく ハンドメイド全般に言えることかもしれませんが
いわゆる「手間賃」を どう加算していくのかは 
非常に難しい問題だと思います。



でも その前に 手作り品にかかる労力を
買う側にも 知ってもらいたいですよね。



それに 今は スラスラ編んでたって
最初は 四苦八苦しながら
ここまで編めるように 成長してきた、
そんな 修業時代あっての 
「制作時間 20時間」 ですからね。

時給=いくら という問題じゃないですよね。



本当は 100円ショップに売っているような
大量消費商品だって 商品が店頭に並ぶまでには
いろんな人の手がかかっているのだと思いますが
いくら手軽にモノが買える時代になったとしても
そういう想像力をなくしちゃいけないな~と思います。




では また♪





にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]