「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

私生活で大きなイベントが続いたりして
ブログ更新をお休みしていましたが
みなさん いかがお過ごしですか?

今日は イギリス旅行記事の最中ではありますが
みなさんに大事なお知らせがあって 書いています。

**************************

英語 de Crochet 

海外の素敵な作品を 英語で編んでみませんか?

海外には 何万もの無料パターンや素敵な図案があります。
そして インターネットのおかげで 日本にいながらにして
Ravelyやその他の有名サイトで 図案を閲覧したり
購入することができます。

でも 海外の図案は日本式の編み図ではなく 
英語の文章だから無理!とあきらめていませんか?

英文パターンを解読するのは 
基本的な用語を覚えれば 誰でもできます。
それは 編み記号を解読するのと同じ。
英語の小説を読むような 難しい単語は出てきません。
すべて編み物用語ばかりです。

また 英会話とちがって 
上手に発音する必要もありません。

「何か編みたいけれど 日本語の本の中には編みたいものが見つからない」という方。
海外には 無数のすばらしいデザインがあふれています。
英文パターンが読めれば 編み物の世界が広がります。

かぎ針編み専門の「海外図案の編み方講座」を受けて
世界の編み物を楽しみませんか?



「海外図案の編み方講座」


日時:2014年10月31日(金) 午後1時30分~午後3時

場所:東京都杉並区
   京王井の頭線 高井戸駅から 徒歩1分  (渋谷より15分、吉祥寺より10分の駅です)
   高井戸地域区民センター 講座室 (詳しい場所はお申し込み後お知らせします)

内容:海外図案を読むための基礎知識(かぎ針編み専門です)
   実際に小さなモチーフを英文パターンで編んでみます
   海外パターンの購入先や買い方のコツなどもお教えします

受講料:2000円

受講対象者:かぎ針編み初心者レベル以上 
      くさり編み、細編み、長編みなど基本的な編み方が習得できている方なら誰でも。
      英語の能力は問いません

お申込み: ①お名前 ② ご住所 ③メールアドレス ④ 緊急時につかえる連絡先 を明記の上
      タイトルを「10/31受講希望」として crochetricky@excite.co.jp まで
      メールをお送りください。

 

はじめての講座開催で ちょっとドキドキしています。
こういう講座 受けたい人いるかな~~?
申し込みゼロの場合はキャンセルしますが 1名でも受けたいという方がいれば
開講したいと思います。
当日は 私が個人的に持っている海外の図案集などもお持ちしますね。

みなさんの編み物の世界が広がるお手伝いができればと思います。
楽しい講座にしたいです。
ご興味のある方いましたら よろしくお願いいたします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]


イギリスに来て 感動したこと。
それは やはり紅茶の国のおもてなし文化。


かぎボラをやっていた時、
一日中 寒い外で 編みぐるみの数を数えていました。

そんな時 ホスピスの職員の人が持ってきてくれるんですよね~



c0306734_08085585.jpg

Would you like some tea? (紅茶はいかがですか?)

これって ホント アメリカにはない文化なので感動しました。

疲れたでしょう? 寒いでしょう? 
お茶はいかがですか? ちょっと休憩しませんか?
温かい飲み物で ほっとしましょう。

これって 日本もそうだけど イギリスもそうなのね~と。(むしろ向こうが本場よね)

お砂糖にミルク(牛乳)というのも うれしい。
(アメリカだと ハーフハンドハーフというクリーム系のものを出される事が多いので)

そして アメリカ人がお茶を出してくれることは滅多にないけど
たま~に出してくれた時 彼らはだいたいティーバッグをいれたまま 「はいっ」と
カップを手渡し 飲む人は 最後まで そのティーバッグを出さないっ!
ティーバッグを出したいというと 奇妙な顔をされます。

まさかイギリスでも・・・と思っていたら さすが本場!
茶葉ではなく ティーバッグだったけど
ちゃんと抽出して ティーバッグを出してから お客さんに出してました!
(なぜ お茶の文化はアメリカには伝わらなかったのだろう~)


そんな紅茶の本場の 老舗中の老舗が Fortnum & Mason (フォートナムメイソン)。
ピカデリーサーカス近くのロンドンのお店に行ってきました。


c0306734_08091050.jpg
入口から 豪華絢爛な雰囲気~


もちろん 中もゴージャスです。
c0306734_08092002.jpg

シャンデリアが まぶしぃ~

ここは 茶葉の香りを試せる コーナー。

c0306734_08092897.jpg

みなさん 真剣に 茶葉をクンクンしております。
高級茶葉は 鼻を近づけただけで 濃厚な香りがいたします。


c0306734_08092524.jpg
こちらは 量り売りのコーナー。



c0306734_08093739.jpg
ティーバッグや紅茶缶、それにビスケットやチョコレートなど 種類が豊富。


c0306734_08094016.jpg
はちみつとかジャムも有名みたいで いろいろありました。

c0306734_08094309.jpg
これは スパイス入れ?


c0306734_08094618.jpg
ゴージャスなティーセット。

他にも純銀製の茶器など いろいろありました~

ただ 店内はパックツアーの方々も来られていたのか ものすごい人で
レジも長蛇の列でした。
日本人の観光客もたくさんいて みなさん山盛りティーバッグをかっていらっしゃいました。

でも よく選ばないと お店の特選パックなどの中には
ちゃっかり 「ウーロン茶」「緑茶」などが入った エキゾチックバージョンもあるので
紅茶だけを買いたいという方は 要注意です。


ここの紅茶もきっとおいしいのだろうけれど
私的には かぎボラをやりながら ホスピスの庭で飲んだ紅茶が とってもおいしかったです(*^_^*)


お茶って ただの水分補給のための飲み物ではなく
おもてなしの心や気遣いややさしさが入っているようで
特に人に入れて頂いたお茶って いいな~て思います。


それが おいしい茶葉だとなおさらですけどね(*^_^*)


ここはカフェも併設されているので アフタヌーンティーやランチに来てもいいと思います。

我々は行った時間が中途半端だったのと
イギリス人のお友達に アフタヌーンティーのおすすめを聞いていたので
そちらの方に行きました。

またその様子は後日ということで。



それでは また♪




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]

かぎボラのお土産プレゼント、本日 全ての方に発送してきました!
普通郵便ですので 数日かかると思いますが
今しばらくお待ちくださいね。


さて ロンドン旅行の続きと行きましょう~


ロンドン中心部のピカデリーサーカス。

c0306734_23010708.jpg

ここからグリーンパーク方面に歩いていく通りには いろんなお店が並んでいるのですが
我々親子の大好物、大型書店があったので 早速入ってみました。
waterstones というお店です。

入ってみて びっくり。


c0306734_23011082.jpg
いきなり 入口で 村上春樹氏がお出迎え~~。
どうやら 私たちがお店に行った数日後に ご来店予定だった模様。
こちらは新作ですが、上の階にも 過去の村上作品がずらりと並んでいました。
村上氏 ヨーロッパでも大人気なんですね!


入るとすぐに私はお目当てのものを探しに店員さんに声掛け。
すると ありました!


c0306734_23012054.jpg
お土産プレゼントにも出しました the magic faraway tree です。
児童書コーナーに平積みになっていたので
夏休みの読書本としても 人気なのでしょうね。


ここで娘は ジュニア用の小説を漁りに行き
私は実用書コーナーへ。



c0306734_23013318.jpg
手芸コーナーでは アイロンプリント本がフィーチャーされていました。
イギリスで今 人気のようです。


c0306734_23012967.jpg
Iron-on とも書かれていますが なぜか SUKIE。
日本でいうアイロンシールとか アイロンワッペン。
いろんな図案が入っていて それを自由に切り取ってアイロンすると
Tシャツや洋服、かばんのデコレーションに使えるというものです。
かわいい図案がいっぱいです。

日本でも手芸屋さんにいけばあるけれど
一冊の本がまるごとアイロンプリントで
本屋さんで売られているなんて おもしろいですね。


他にもキット本がいろいろ。



c0306734_23012638.jpg
キャスの布を使って くるみボタンをつくるキットの本。


c0306734_23013548.jpg
これは TIN缶でできたブック型のキャスのかぎ針編みの本。
毛糸、かぎ針、とじ針のセットに いつくかのモチーフの図案の冊子が入っていました。


もちろん普通の?かぎ針編みの本もじっくり見てきましたよ~



c0306734_23014055.jpg
カラフルで表紙がかわいい!

かぎ針編みの棚にあった本は全てチェックする勢いで
なめるように見て、
悩みに悩んで 今回は 3冊だけ購入しました。



c0306734_23063808.jpg
大好きなモチーフの本。
101個の新しいモチーフのデザインが入っているとのことで
どれもとてもキレイだったので お持ち帰り。



c0306734_23064157.jpg
お花のパターン100.

レース糸(といっても 日本の極細毛糸ぐらい)なので
海外のパターンにしては繊細だけど 日本のものほど細かくないので
いろいろと活用できそうです。


そして 探しに探していた1冊をついに発見!



c0306734_23064523.jpg
かぎ針編みの縁編み専門の本。

これ実はアメリカの本で NYに行ったときも いくつかの書店で探したのですが
見つけられず やっとイギリスで発見です。

日本の縁編みの本だと どうしても洋服用の細かい縁編みばかりですが
これはブランケット用の縁編みのデザインばかりを集めたもの。

海外のブロガーさんたちの間でも評判だったので
手に入ってうれしいです!


そろそろブランケットの季節ですものね~
今年も 新しいブランケットを編みたいので
その時に是非 こちらの本を活用したいです。


海外の本屋さんは 中のカフェでお茶をしながら本を見ることができたり
大きなソファがあって ゆっくり本が読めます。
娘も私も結局2時間ぐらいここでいろいろ本を見ていたかも・・・。
旅行に来ていて本屋で時間つぶしている場合じゃないかもしれませんが
娘も私も大満足のひと時でした。



それでは また~♪




にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

今日は みなさんにお送りする ロンドンのお土産を梱包していました。
週明けには 発送できると思います。
それから あと1名 当選者でまだ連絡先をいただいていない方がいます。
これを読まれたら ご連絡お願いします。(当選ですよ~)


さてロンドン旅行記に戻る前に 忘れないうちに
うれしいニュースを みなさんにもお届けしたいなと思います。


以前 「冬の森ブランケット」というブランケットを編みました。
(その時の記事は こちら
その「冬の森」のもともとのデザイナーである
オランダのMaaikeが この度 本を出版したんですっ!!



c0306734_21564022.jpg

え~~っと タイトルの読み方すら わかりません(^_^;) オランダ語です。
Maaikeのデザインした かぎ針編みの作品を集めたものです。

最初のページをめくると うれしいことに
著者からのメッセージつき♪

c0306734_21564856.jpg

中身も素敵ですよ~




c0306734_21565430.jpg


c0306734_21565742.jpg


c0306734_21570259.jpg

c0306734_21570686.jpg


c0306734_21572983.jpg

c0306734_21574969.jpg


どれも かわいいし 写真がオシャレなんです~
Maaikeの世界観が ぎっしり詰まっている感じ。

実は 「冬の森」を翻訳したころに ちょうど出版化の話があったようで
Maaikeは かなり興奮していました。
それから 約1年かけての 作品作りと撮影・・・。
大変だったと思います。

でも 「完成したら 絶対日本に送るね!」の言葉通り、
遠い日本の私のところにも メッセージまでつけて 送ってくれました。
ありがとう~~~



もちろんブログを見つけた時から Maaikeのずば抜けたセンスに
「すごい人だわ」とは思っていたけれど
本を出してからは サイン会をしたり 
オランダの手芸屋さんやカフェで ワークショップをしたりと
大忙しみたいで・・・・


ひょっとして 私 すごい方とお友達になっていたのかしらん???


Maaikeとは「冬の森」の前からブログにお邪魔していたし
「冬の森」以降も ちょくちょくメールの交換をしていたのですが
会ったことはないのに 何となく気が合うというか・・・ そんな感じがするんですよね。


彼女も 旦那さんの仕事でカナダに住んでいたし
その頃 わたしも同じように夫の転勤でアメリカだったし
ふたりとも その時の孤独を紛らわせるために編み物にハマったりして
いろいろ共通することがあるのです。


そんなMaaikeが すばらしいデビューを飾って 本当にうれしい!!


しばらく本の制作で忙しかったMaaikeですが 最近はまた新しくデザインした図案の公開も
少しずつ準備してくれているので またみなさんにもご紹介することができたらと思います。



それでは また。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

かぎボラのロンドンお土産企画、
最後は これまで当選しなかった方の中から 
(勝手に?)残念賞の発表です。


何のことはない。
誰も希望者のいなかった商品を ほとんど無理やり押し付けてしまうという
うれしいのか 悲しいのか わからない企画(^_^;)


希望の商品で申し訳ないのですが
かぎボラに参加した記念として 受け取ってくださいませ。


ということで ここまで当選されてこなかった
17名の方々がエントリーです。




c0306734_22004123.jpg

今度は人数が多かったので 入れ物を牛乳パックから紙袋にして 抽選しました。


まずは キャスキッドソンのミニポーチ。




c0306734_22025420.jpg

希望者がいなかったのは ちょっとショック・・・・。
ロンドンらしくて かわいいと思ったんだけどなぁ~


そして この商品を送りつけられる運命になった方はっ!





























c0306734_22004789.jpg
snowさんです!

snowさんは 元々リバティはさみのご希望でしたが こんなものになってしまって ごめんなさ~い。
(お願いだから 要らないって言わないで~~)







続いて もうひとつの残念賞は これ。


c0306734_22025735.jpg
ユニオンジャックのミラー。

スコットランドの独立騒ぎでにわかに注目を浴びているユニオンジャック。
なんでも ベースのブルーがスコットランドの国旗なので
スコットランドが独立したら 青い部分は白になってしまう~と心配する人もいるようで・・・・。
どうなるんでしょうね。


そんなユニオンジャックを引き当てられたのは・・・・






























c0306734_22004982.jpg
kapasukeさんです!!

よかったら使ってください~!(お願いしますっ)





以上2名の方、
大変お手数なのですが 他の当選者の方同様、
①商品名
②郵便番号 住所
③ハンドルネームとお名前
を crochetricky@excite.co.jp までお送りください。
宜しくお願いします。



それにしても プレゼントって難しいですね。

なるべく日本の方も知っているもので イギリスらしいもの。
バラエティーに富んだラインナップながらも
あまり重くなくて コンパクトなものを探しました。

私の予想では キャスあたりが人気なのではと思っていたのですが
まさかの希望者ゼロは ちょっとショック!
(ま、日本にもあるからですかね~)

逆にthe magic faraway treeは貰い手がいるだろうか?と心配していましたが
たくさんの方がストーリーの内容に興味を持ち
その上 原書でも読みたいと思ってくださり感激しました!




さぁ 楽しかったかぎボラも これで 本当の本当におしまい。


今や ロンドンまで行ってたなんて 遠い昔のようですが
craftclubのメンバーは ヤーンボムの次の週には全員
ice bucket challange で 氷水やってましたし
リーダーのBecky は たくさん帽子を編んで販売をはじめています。

まだ次のヤーんボムの計画はないようですが
イギリスで大きな毛糸の展示会があるので
そこにメンバー全員で出かけるようです。

私の方も いろいろと新しいことが始まる予定なのですが
それはまた 機会を見て こちらでもご報告できればと思います。



みなさん、2014年 素敵な夏の思い出をありがとうございました。
この経験が みなさんのかぎ針編みのこれからを
明るく照らすエネルギーになってくれればと思います。

今回のことで 私は一人じゃない、
素晴らしい仲間がいることを肌身で感じることができました。
一度もお会いしたことのない仲間だけど
きっと どこかで「くさり編み」でつながっているのだと思います。

また どこかで(オンでもオフでも)一緒に編めたらいいですね。

そろそろ毛糸を触るのがうれしい季節になってきました。
さぁ次は何を作ろうかしら・・・。

2014年の秋も たのしく編み物をしていきたいと思います!

あ、それと ロンドン旅行記もまだ続く予定です。


それでは また。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

かぎボラ ロンドンのお土産企画、
今日は E賞、F賞の当選者を発表します。


抽選方法は コレ。


c0306734_23094627.jpg
使い古しでスミマセン。牛乳パック抽選です。

(いろんな牛乳を買いますが 一応 洗っておいてあったものの中から
 ちょっとだけ絵柄が可愛い?ものを選びました(^_^;))

しかし 続けざまに 一人 夜のダイニングテーブルで 
カラカラと抽選しておりますと 集まってくる輩が・・・。


c0306734_23092315.jpg
                    あの~ オヤツタイムでしょうか~~~?

え~っと 今回のお仕事は君には荷が重すぎるから そこで見てて下さいな。
(一応 監視係? ^m^)



それでは お待たせしました。
E賞の① ユニオンジャックのノートとペンセット

ご応募いただいたのは この方々です。




c0306734_23081949.jpg



そして 当選されたのは・・・・・・































c0306734_23083213.jpg
ひなたさん ですっ!! おめでとうございます~!

リングノートには 日記でも 編み物記録でも いろいろ書いて下さいね。


E賞②の ユニオンジャックのミラーは 応募者0のため 残念賞行きです。




続いて E賞③のロンドンボールペンセット です。


応募されたのは 以下の方々です。


c0306734_23085407.jpg

※ちぃたさん、一度 応募したものは 取り消せませんので あしからず~~~。



そして 当選されたのは!





































c0306734_23085842.jpg

yasue さん ちぃた さん のお二方です! おめでとうございます~~!
(まさか ちぃたさんが当選するとは 私も思っていませんでしたヨ)

かわいいボールペン、是非 愛用くださいね。



そして E賞④ ロンドン缶入りミント です。

応募されたのは この方々。


c0306734_23091436.jpg


いざ 抽選!

当選されたのは・・・・・・






















c0306734_23091955.jpg

めいとトトロさん、kiyomiさん です~~! おめでとうございます!!

最初に当選されためいとトトロさんは赤缶を希望とのことでしたので kiyomiさんには青缶の方を
送らせていただきますね。








そして 意外や意外、
たくさんの方が ほしいと希望してくださったF賞 The Magic Faraway Tree です。


応募者は次の方々でした。



c0306734_23083946.jpg


そして この中から本を射止められたのは・・・・・



































c0306734_23084330.jpg

しずく母さんでしたっ!! おめでとうございます~!

是非 最後まで読んで イギリスの物語の世界を楽しんでください。

この本、こんな事ならもっと買ってくればよかったと後悔。
外れた方、ごめんなさい~~!



さて これでお土産企画の当選者はすべて発表し終えました。


本日の当選者の方は 

①当選した商品
②お名前(本名、ハンドルネーム両方)
③商品の送付先住所 を
crochetricky@excite.co.jp までお送りくださいませ。


本当は かぎボラメンバー63名全員で抽選したかったのですが
希望じゃない商品を送りつけてもねぇ・・・と思い 応募制にしました。

たくさん編みぐるみを編んでくださった方や 送料を多く寄付して下さった方を
優遇した方がいいのかしらん?とも ちょっと思いました。

でも 1個の編みぐるみでも 100個の作品を送って頂いたとしても
そのお二方の貢献度を 比べることはできないわけで・・・・。
応募してくださった方は皆 大事なチームRickyの仲間ですから、
ここは 心を無にして ただ ただ 「まきばの空」を振り続けました。


外れてしまった方には 本当に申し訳ないですが
これから残念賞の抽選をしますので 待っていて下さい。


いつも抽選結果発表の後は ちょっとだけ心苦しいのですが
かぎボラ最後の締めくくりとして
当選された方も 外れた方も そして応募されなかった方も
みんなで 楽しんでいただけたとしたら うれしいです。


たくさんのご応募 ありがとうございました!!



※ 昨日の当選者の方、メール届いています。
  商品発送が済みましたら またお知らせしますので
  今しばらくお待ちくださいね。




それでは また。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]


先日の「ロンドン土産プレゼント」企画に
たくさんのご応募ありがとうございました。

今日は A賞~C賞までの当選者を発表したいと思います。


まず A賞、ロンドン紅茶セット。

応募されたのは4名、
こちらの方々です。

c0306734_22125746.jpg
抽選方法は この応募者の方々のお名前の紙を小さく折りたたんで・・・・

c0306734_22123859.jpg
牛乳パックの中でシェイク。(洗ってありますよ~)


c0306734_22124811.jpg
注ぎ口から出てきた紙に書かれたお名前の方が 当選です!

では A賞の当選者 発表です。


















c0306734_22130073.jpg
みんみさん、soramameさん、マイさん、 おめでとうございます!
本場の紅茶の香りと かわいいパッケージを楽しんでいただけたらと思います。




続いて B賞 リバティのはさみ です。

こちらが 一番の人気商品でした。

応募いただいたのは ご覧の方々です。


c0306734_22130984.jpg
(ごめんなさい! ここにkolieさんのお名前の紙もあったのですが 写真に入っていませんでした。
 ちゃんと 抽選BOXには入りましたので ご安心ください。)





そして 厳正なる抽選の結果、当選されたのは・・・・・



















c0306734_22131258.jpg
eriさん~~~~!! おめでとうございます~!

手芸に編み物に ご活用ください~!






続いて C賞 ハロッズベアの衛兵キーホルダー。

ご応募いただいたのは こちらの2名様です。



c0306734_22131968.jpg

そして 当選されたのは・・・・・





























c0306734_22132123.jpg
ヒロさんですっ!! おめでとうございます~!

クマちゃん かわいがってくださいね。





そして D賞のキャスキッドソンのポーチは 人気がなかったようで
応募者ゼロでした。

ですので 今回 全ての抽選が終わった所で 残念ながらご希望の商品に外れた方を
再度 勝手にエントリーさせていただき、抽選したいと思います。




当選された方々は おめでとうございました!

わたくし みなさんにかぎボラで編みぐるみを送って頂いた時に
中身の記録に忙しかったのと 個人情報保護の観点から?
みなさまのご住所などを 特に記録していません。

なので 大変お手数なのですが
当選された方々は 再度 当選された商品の名前、
送付先のご住所とお名前(本名およびハンドルネーム)を、
crochetricky@excite.co.jp まで メールにてお送りくださいませ。


残念ながら抽選に外れた方、ごめんなさ~~い。
でも 残念賞がいくつかありますので 最後まで 希望を捨てずに?
待っていて下さいね~(^_^)/




E賞、F賞の発表は 今しばらくお待ちください<m(__)m>



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

お待たせしました。

ロンドン市内のリバティ本店で ついに 手芸コーナーに到達しましたよ!


まずは ずらりと並んだキットの数々。



c0306734_21164268.jpg
ウールの刺しゅう糸で全面にクロスステッチを施し クッションを作るというものです。
いろんなデザインがあって 楽しい~!
(ちなみに↑はピンクッションです。)


そろそろクリスマスの準備も始まっているので クリスマスデザインも。



c0306734_21165177.jpg

カントリー調のデザインもかわいい~
c0306734_20401352.jpg

これで 40×40センチぐらいのクッションサイズです。

どれか買いたいなと思いましたが 毛糸のクロスステッチで目が粗いとはいえ
全面刺しゅうには けっこう時間がかかるでしょうし
そこから クッションに仕立てるのは大変そう・・・・。
という事で 今回は断念。(個人の能力と根気の問題です(^_^;))


小さくてかわいいものもありました。
こちらは 普通の刺しゅう糸を使ったクロスステッチの小物です。


c0306734_21165578.jpg
本のしおり。
面積が小さい割には 多色使いの凝っデザインが多かったです。



こちらは観光客向けかな?

c0306734_21165990.jpg
ロンドン名所の図案です。
8センチ四方ぐらいの小さなもので かわいいのですが
お値段は あまり可愛くなかった・・・(^_^;)


小物で2~3千円ぐらい、クッションキットは
サイズやデザインにより 4千円~1万5千円ぐらいでした。
(例:20×20センチサイズのミニクッションで4000円)


他には こんな素敵なボックスを発見!


c0306734_21172431.jpg

リバティの布に包まれたボックスで いろんな柄がありました。
これ 何だと思います?

フタを持ち上げると・・・・









c0306734_21172703.jpg
バタバタと四方八方に広がる ソーイングセット!
真ん中は針山になっていて コンパクトながら使いやすそうだと思いました。
(15ポンド、日本円で約2700円)


もちろんリバティの布もたくさんありましたよ~
(布は日本にもたくさんあるので写真は撮らず)

で、そのリバティプリントを活かした こんなおしゃれグッズが。



c0306734_21173875.jpg
こちらは キッチングッズですね。
紅茶やジャム、はちみつなどが リバティプリントの瓶に入っていて おしゃれ~
写真の中央にある ティーポットも リバティプリントです!
ティータオルやナプキンもありましたよ。


c0306734_21174560.jpg
石けんやシャンプー、ボディクリームなどのグッズも リバティプリントで すてき~!

昔は こういうのを見ると せっせと買い込んでいましたが
(海外のものは パッケージのデザインが素敵だし 香りがいいんです~)
値段がすっごく高かったのと、最近は航空会社のスーツケースの重量規制が厳しいので
重いものは 気軽に買えなくなったんですよね。(超過料金を払えば済む話ですけど)

ま、最近は日本でも 香りやデザインがいいものが手に入るようになりましたしね。
必死になって買わなくても良くなったという事ですね。


毛糸のコーナーもありましたよ~


c0306734_21181913.jpg

カラフルで いいですよね~
私も愛用している イギリスのブランド「Rowan」のものもずら~り。



c0306734_21181589.jpg
そのRowanが出している パターン集。
まだ夏物のものでしたが 繊細なレースの洋服など うっとりするようなデザインが満載でした。


そして 海外の手芸屋さんに来ると ネチネチ見たくなるもの。


c0306734_21182212.jpg
色とりどりのボタン~~

シンプルだけどオシャレで きれいな色のものがそろっていて
海外のボタン、大好きです!


以上。

リバティ本店の中で手芸用品はワンフロアだけで、
それも そんなに広くないんです。
あとは 別フロアにキッチン、バスルームグッズが少し。

洋服コーナーは 普通の高級ブティックという感じ。
スーツやセーターなどが並んでいて
特に リバティプリントで作った洋服ばかり・・・という訳ではありませんでした。
(ブラウスやパジャマなどは多少あったみたいですが 目立たず)

逆に このこじんまりしたデパート?から あの世界に名だたるリバティプリントが
生まれたのが ちょっと信じられないぐらい。
それとも日本人が リバティ、リバティ、って騒ぎ過ぎなのかしら?

意外にあっさり?していた リバティ本店でした。(個人的感想です)

ちなみに今気が付いたのですが リバティ本店のweb shopもあるようです。
日本までは 送料5000円弱を払えば 
なんでも(というと語弊があるかもしれませんが(^_^;) 小物なら全然OK)
買えるみたいですよ~
(ただし関税は別)

リバティロンドンのweb shop は こちら

送料無料に慣れている日本人にしてみれば5000円!と思うかもしれませんが
航空券もろもろの出品を考えれば 夢のようなプライス!
良い時代になりましたね~

これからwebshopを じっくり見て来ようと思います~


それでは みなさん
良い週末を!


※ロンドンのお土産プレゼント、エントリーは日曜日までです。
 かぎボラに参加された方は 誰でも応募できるので
 遠慮なく どしどし参加してくださいね!
 (まだ 誰も欲しいと言っていないグッズもありますよ~~)

 記事は こちら


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]

ロンドンの街をぶらつきながら 中心部へ進んでいくと
リバティの本店が見えてきました!


c0306734_21155571.jpg
歴史あるチューター式の建物が かっこいい~
ロンドン市内でもかなり目立ちました。



c0306734_21155963.jpg

入口には フラワーショップに なぜか狛犬?(じゃないか・・・・)

アメリカとかでも 高級であればあるほど こういうアジア系の小物を
ちょっとだけ飾るのが セレブ社会の定番なんですよね~ 

で、リバティの本店って 入るとすぐに あのリバティプリントの世界がわぁ~と
広がっているのかと 勝手に想像していた私。

でも リバティは 手芸屋さんじゃなくて デパートなので
入るとそこは 普通に コスメ売ってたり スカーフ売ってたり・・・・。

あれれ? リバティらしいものはないの?と ウロウロしていたら
文具売り場にありました~


c0306734_21161026.jpg
リバティーの文具いろいろ~(頭の上に乗ってるしww)

もちろん普通の文具で かわいいのもありましたよ。


c0306734_21161685.jpg
鉛筆けずりと 鉛筆です。 「Honest Boy(正直者)」だって(^.^)
鼻がめっちゃのびてますけど~

c0306734_21161922.jpg
なつかしのVHS型ノートパッド。
こういうのを見ると 懐かしい~と同時に ちょっとショック。
今の若者には 見たことのない新鮮さがあるんでしょうね。
おじいちゃん家に置いといたら 普通にデッキに挿入すると思われ。


上の階に行くと インテリアコーナーも。

c0306734_21162925.jpg
トラディッショナルな雰囲気~ かっこいいです。

カーテンやソファのオーダーを注文できるみたいで すてきな柄のファブリックがいっぱい!!

c0306734_21163313.jpg
全部 見本帳~ すばらしい柄ばかりでした。

日本だと 無地で 色も無難なものしかないから こういうの憧れです~


c0306734_21163650.jpg
飾ってあったソファや クッションの柄も すてきですね~
素材も 高級感があって お値段も 高級感満載(^_^;)でした~



続いては お待ちかねの手芸コーナー。
長くなるので 次の記事でご紹介しますね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]

かぎボラのプレゼント企画に たくさんのご応募ありがとうございます。
締め切りは9月14日(日)までです。(詳しくはこちら

E賞のロンドン小物をご希望の方は
「ノート」「鏡」「ボールペン」「ミント」のどれがいいか 希望を書いて下さいね。

また ミント缶はご希望にそえる場合もあるかもしれないので
一応 「赤」か「青」か カラーも指定してください。
最初に当選した方は 優先的にお好きなカラーを選べることにしたいと思います。

追加の希望についても こちら のコメント欄にご記入くださいませ。


**************************************


さて ボランティアの内容が続いていましたが
一応 ロンドン観光もしたので 街の様子などもご紹介しますね。


c0306734_21455578.jpg
ロンドンといえば 2階建ての赤いバス!
赤バスを見るたびに興奮していたのですが よく見ると最新式の観光バス。(が、赤いだけ)
しかも けっこう沢山走っていて この後 頻繁にみました。
5台ぐらい連なって走っていることもありました~(^_^;)






c0306734_21455796.jpg
前回(といっても 10年以上前)に来た時には 多分見かけなかったと思う
レンタル自転車ステーション。
主要地下鉄の駅近くにあり、いろんなところで返却できるみたいです。

ロンドンオリンピックがあったので 街中がいろいろ整備されていて
キレイになっていたというのが 今回の印象でした。







c0306734_21460177.jpg
こういう歴史を感じさせるアパートに ガーデニングの本場らしく
花壇が作ってあるのが 素敵ですよね~

NY市内も 似たような感じのアパートは多いですが
花壇があるようなところは ほとんど見かけないので さすがイギリス!と思いました。
特に 街頭のように 上からぶら下げるタイプのハンギングバスケットが おしゃれ!
ちゃんと 花を植え替えたり 水やりをする人がいるんでしょうね。


c0306734_21460481.jpg
その一方で 向かい側には こうしたモダンなアパートも。
ロンドン市内のかなり中心部に近いところなので 高級アパートなのかな?
(英語のアパートメントとは日本語のマンションの意味です)

イギリスのインテリアショップなどを見ていると
伝統的な重々しい感じよりも 最近は モダンでシャープなデザインが
好まれているような印象を受けました。






c0306734_21460794.jpg
なんとなく 押しボタン信号。
歩行者用信号が 人のマークなのは 日本と同じですね。

ただ 道を渡る時 イギリスの道路はちょっと複雑。
正面に渡りたいのに なぜか 中州のようなところが作ってあり
歩行者は一旦 右に渡ってから 左に渡るようなことをさせられる場所が多く、
みなさん 普通に 信号無視して 突っ切ってました(^_^;)








c0306734_21461512.jpg
ショッピングストリートで ふらりと入ったブティックにて。
(若い子に人気な感じのロンドン版H&Mみたな所でした)

洋服屋さんなのに なぜか お店のど真ん中にカップケーキのお店が・・・。


 
c0306734_21461877.jpg
全世界的にカップケーキブームなのかしら?
見ているとかわいいんだけど この上に乗っているのはバタークリームで
けっこうヘビーなお味なんですよね~

まわりに座って食べられるような場所もなく
周囲は洋服やアクセサリーに囲まれていました。
食べながらショッピングしてもいいと言う事なのかもしれませんが
なかなか斬新なアイデアですよね








c0306734_21470946.jpg
ビッグベンと 赤い公衆電話ボックスは 絵になるので 
観光客が並んで写真をとりたがるスポット。

で、私たちも 若いカップルと一緒に順番まちをしていたら
いきなり割り込んできたオジサンがっ!
カップルの男性の方が 「おいっ!」と止めようとしたら
なんと そのオジサン、急ぎの用事があったようで
普通に 電話をかけはじめて ビックリ!!(しかも紙を片手に国際電話な感じ)
思わずそのカップルたちと 失笑~でした。






c0306734_21472391.jpg
これも前回の旅行の時にはなかった 今やロンドン名物「ロンドンアイ」(観覧車)
そして その手前には ストリートミュージシャン??

友達のお嬢さんが通っている学校が キリスト教系で
イギリスのこの洋服に似せた制服にしているのですが、
実際には おじさんが着る服だという・・・・(^_^;)

スカートの下は この国では 筋肉隆々の足の方が似合うみたいです。


以上、いろんなロンドンの街の様子でした。


しばらくロンドン旅行記 続きます。
では また♪






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]