<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


我が家の玄関には ちょっとした季節のコーナーがありまして・・・・






2013年夏バージョンは こんな感じでした。















c0306734_18563665.jpg





使わなくなった ガーデン用のラックに 季節の小物を飾っています。



2段目には


マリンブルーが鮮やかな アメリカのヴィンテージの 花瓶と キャンドルスタンド。






c0306734_18573696.jpg




普段 あまりブルーの雑貨は買わないのですが このマリンブルーには


やられてしまいました。


キャンドルスタンドには 娘が修学旅行で拾ってきた 貝殻や 思い出のグッズをちりばめて。



中央にあるのは アロマオイルを垂らすストーンで



玄関に さわやかな香りを運んでくれます。













上の段です。












c0306734_1913330.jpg





我が家に来て下さった この方


「 お子さんの工作を 飾っているの? 」と おっしゃいましたが


こちらは 雑貨店で購入させていただいた商品。



後ろの WELCOMEのバナーは 3COINSだったと思いますが


手前のヨットと灯台は 去年、私にしては そこそこのお値段を出して 購入したような。。。





ま、 たいしたものは 飾っていないですけどね。











壁には リース。













c0306734_1963456.jpg



何か 自分で手作りしたいなぁ~と思いつつ


たまたま 「わたしの部屋」で見つけた このあじさいのリースが とってもさわやかに見えたので


同じ ブルーつながりで ここでも いっか、と 設置。










で、さすがに9月になって マリンブルーもないだろうというわけで、


重い腰を上げ、最近になって 秋らしくチェンジしたのですが


長くなったので その模様は また 明日。










今週もがんばって行きましょう~♪







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by crochetricky | 2013-09-30 19:11 | Comments(0)
海外の投稿から 心に響く言葉があったので


みなさんにも ご紹介したいと思います。



















c0306734_21502426.jpg





翻訳します。( 超訳です )




ハンドメイド作品を買う時 あなたは 単に モノを買っているのではない。




そこには 何百時間もの 試作や失敗に費やされた時間が 含まれている。



何日も 何週間も 時には 何か月もかけて 試行錯誤し 壁にぶち当たりつつも



ついに作品を完成させた時の その喜び。 作品には そんな作者の気持ちが 入っている。




あなたが買っているのは ただのモノではない。




それを作った作者の気持ちであり 真心であり その人の人生の一部である。




そして 最も大切なのは



作品を買うことにより あなたは そのアーティストに



その人にとってかけがえのない「作品を作る時間」を 買い与えているのである。









翻訳や通訳は苦手です。



ついつい 相手の言わんとしていることを読み取り過ぎて


行間まで訳してしまうから。



英語をそのまま機械的に翻訳しても 日本語にすると味気ないので ついつい、ね。








ハンドメイドを 既製品や機械製の製品より ともすれば低くみる傾向は


海外にもあるようです。



でも 機械にはできないような精巧な作品や


オリジナリティーや芸術性の高い作品に対しては 


たとえ無名の作家の作品でも 惜しみない対価を支払ってくれる文化もあります。





一方の日本はというと、手作り品のクオリティーの高さは 世界屈指でありながら


まだまだ ハンドメイド=お手頃価格で当然、という風潮もあるのではないでしょうか。



先日 訪れた手作り市で あるアクセサリー作家さんのブースを覗いていたのですが



近所のおばさんみたいな人が ふらりとやってきて のたまいます。



「ねぇ 材料だけ売ってくれない? 私 自分で作るから!」




ホンマにあんた 作れんのかいっ!?と 思わず突っ込みそうになりましたが


年配の人の方に限って たいしてハンドメイドができないのに 


「こんなものぐらい 簡単に作れる!」と


豪語する傾向があるような気がするのですが 気のせいでしょうか?



たぶん その母や祖母の代は いろんなものを 魔法のように簡単に作り出していた世代なので



自分はやったことすらなくても 「誰でもできる」と 思っているフシがあるのではないでしょうか。




でも ハンドメイド作品の値段は 材料費と工賃だけではないはず。



その作品までを売り出すまでに どれだけの試作品を作り、どれだけの失敗作があったか・・・・。



その作品をデザインするまでに その人の人生のどれだけの時間と能力が費やされたか・・・・。


だって 材料は作家さんが作ったわけではないでしょ?といっても 

その素敵な材料を見つけるために 作家さんが費やした労力も馬鹿にならないはず。


何よりも その材料を組み合わせる「センス」こそ その作家さんの作品の一部なわけで。




もちろん 中には 他人のパクリみたいなものを ササッと作って


けっこうな値段で売っている人もいます。 それは 海外も同じ。


でも 血肉を削って造られたハンドメイド作品には


その作品に込められた「魂」の分まで含めて お値段を支払いたいと


私は 常日頃思っています。





Buy handmade!

Support an artist!


※ support an artist というのは よくポスターなどにも使われるスローガンであり、
  [an ] だからといって 一人だけサポートするという意味ではありません。
  不定冠詞anには 不特定個人という意味があり 
  つまり あなたが一度にサポートできるアーティストはたいてい一人だけど(物を買うなど)、
  それを繰り返して行ってくださいという意味です。



みなさんも 手づくり市にいったり バザーでハンドメイド作品を買う機会があったら


是非 この言葉について 考えてみてくださいね。







Have a nice weekend!


よい週末を!















にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]



スマホが普及して 一躍 脚光を浴びるようになった


ハンドウォーマー。



いわゆる 指なしの手袋ですね。



以前から 作りたいと思っていました。



そしたら 図書館で借りた本の中に かわいいデザインのものが見つかったので



さっそく 作ってみることにしました。





参考にしたのは この本。










c0306734_14581798.jpg




「かぎ針編みの冬こもの」 レディブティックシリーズ より



表紙にも使われている このハンドウォーマー。





c0306734_14591824.jpg



ちょっとレーシーな感じの 松編みが 今の気分にぴったりなので


この図案で作ることにしました。






糸は これまた いいのが 見つかりました~









c0306734_150473.jpg




先日 ユザワヤで セールになっていた 輸入糸。 SOFFCOTT。(ソフコット?)


10玉で 1430円! (・・・・ だったと思う)





この糸に関する情報。






c0306734_1521892.jpg







c0306734_1525847.jpg




コットン・ウールで 肌触りがとても良く 軽いです。



お洗濯もできます。 




糸の太さは一定ではなく ちょっとニュアンスがある感じです。




そして 何といっても この若草のようなグリーンに惹かれました。






問題は ゲージが合うかですが・・・・










c0306734_15102943.jpg




問題なぁ~~し。 ( って もう 編み始めてるしっ! )








それにしても 手袋を編むのって 指の部分が一番大変なわけだけど


それが なく、


しかも ほぼ減らし目なしの 寸胴ちゃんだから すぐに出来上がりました。



親指のところだけ 3段ぐらい編んだのが また かわいいのよ~~






ちなみに 見本にあった お飾りの部分。





c0306734_1513525.jpg



すっごく かわいいなぁ~と思っていたのですが


今回のグリーンの糸の雰囲気には 何となく 合わなさそうだったので


ちょっと 変更。




また 100円ショップの グッズを使います。








c0306734_15144351.jpg




何のために 買っておいたのだろう・・・・



なぜか 昔に100均で買ってあった 合皮のコード。




これを片手に you tube で 検索して~~~













c0306734_15162384.jpg




正しい リボン結び~~。( ← いまだに ビデオ見ないと わからんか? )














完成です。







英語題はね~ ( まだ やんの?)
Grass Green Hand Warmer です。  (← たいしてひねってないし )




















c0306734_1519447.jpg





う~ん ハンドウォーマーを かわいく撮るのって 難しい。





仕方がないので 極力出したくはないけど 



どブスな 私の手で 着画を失礼いたします。










c0306734_15213055.jpg




もっと手のキレイな人がつけたら 10倍 かわいく見えたはず。( ← まだ 言う? )










ハンドウォーマーって 冬が来る前で まだ 手袋ほどでは~って時にも


自転車の風が冷たくなってきたら 重宝しそうだし


真冬も 電車の中や デパートでは 指まであると 邪魔で暑いから


このぐらいのものが 今年は 活躍しそう!






まだまだ この秋晴れの期間を楽しみたいし 寒くはなってほしくないけど


このハンドウォーマーの出番が来るのも 楽しみなのでした。











ちなみに10玉買ったこの毛糸ですが


ハンドウォーマーは 30gの1玉+少々でできちゃいました。





残りで何編もうかな~~ ( 多分 しばらく 熟成予定 )







それでは みなさん 


金曜日の夜をお楽しみください~










にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]




中学生の娘が 文化祭の代休とやらで



平日なのに 家にいます。



反抗期の娘と 2人きりの空間・・・・。




この重苦しさは なかなかのものです。




まったく 反抗期とは ややこしい。



笑っていたと思ったら 突然 ぷんすか怒り出す。



それも なぜそこで怒り出すのかわからない。



まさに 青春地雷。



できれば 近づきたくはないですが そうもいかない。



というか こちらが近寄りたくなくても 時々 地雷は 手りゅう弾となって 



突然 投げつけられたりもするので 要注意。



平日昼間の 主婦のパラダイスが こんなに 緊迫した空気に包まれることになろうとは、ですよ。





仕方がないので 娘と ハンドメイドでも してみたりして。




彼女が マカロンケースを作ってみたいというので キットを購入。









c0306734_111248.jpg




左が 娘ちゃんチョイス。 


わたしも 教えながら 自分も作ってみようと 右側のキットを買ってみました。





これまで 気になっていながらも



自分で材料を買い揃えて 作ってみるところまでは いかなかった マカロンケース。



楽しそうだけど 小さい割に 工程が複雑そうだし


デザインを考えるのも大変そうだし


なんだか コツがいりそうだし・・・と 敬遠していました。



でも こうしてキットになっていると 必要な材料は全てそろっているわけだし


気楽に始められますよね。





ただ 問題は 必ずしも 100%気に入るデザインのキットが見つかるとは限らない点と



言われたとおりにやるということが どうしてもできない この ひねくれた根性。













c0306734_1141651.jpg



セットされていたのは この2枚の布。



見本では 花柄が表に使われることになっていたのですが・・・・











c0306734_1151877.jpg



のっけから あっさり無視して 本来の裏布を表に使うことに。 (ごめんなさ~い)






でも 表面のデコは しっかり見本を見ながら 丁寧に真似しましたよ~


こういうセンスは まったくないので 見本があると 助かります。








で、娘ちゃんを指導しながら うんせ うんせと 作りました。



1~2時間 かかったかなぁ~



やっぱり キットとはいえ 娘ちゃんが一人で作るのは難しいと思いましたが


私も 作りながら 教えながらで けっこう必死。




ジッパーをつけるのが 一番 大変でした。






一応 完成~

























c0306734_1184037.jpg




やっぱり 花柄より こちらのドット柄の方が わたし的には 好みだわ。












悪戦苦闘の痕跡が見える 内部。















c0306734_1195747.jpg





開けると ジッパーの端に 糸が びよ~んと見えてしまうのですが


この辺の処理は どうしたらよかったのでしょう??? 



また、 ジッパーのあまりの部分を マカロン内部に押し込んで


フタをして ボンドで 押さえ込むのですが



これが けっこう 跳ね返ってこようとするので 大変でした。






娘ちゃんもけっこう頑張って作り 完成させましたよ~。



(もちろん ブログにのせたいから 完成品の写真をとらせて!なんて


 そんな恐ろしいことは 頼めず。 しかも 本人 完成すると同時に マカロン持って 自室に消えた )








で??








このマカロンケース 10円玉数枚は入りそうですが



何を どう 使えばいいのでしょう?



ほとんど お飾りだとは思いますが


まぁ 娘と 一瞬でも ハンドメイドの時間を過ごせたと思えば


これで よかったんでしょうかね~。








さぁ まだまだ これから一日は長いですが



平穏無事に過ごせるよう がんばります?












では では~♪








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
















 
[PR]



ここ数年 ずっと ティーポットを探していたのですが



先日 やっと 気に入ったものに 出会うことができました。




ル・クルーゼのティーポットです。

















c0306734_11411366.jpg




シュッとした フォルムが素敵!



カラーは グレーとブラウンの2色展開でしたが 秋らしく ブラウンを選択。

(秋に限らず これからも通年使うけどね )



















c0306734_1144050.jpg



この ルク独特の 微妙なグラデーションが いいですよね~








これまで ルクの丸っこい形のティーポットを見ていて


一応 気にはなっていたのですが


どこかしっくりしなくて 購入には至っていませんでした。


でも 今回の新作は カラーも形も 今の 自分の気分にぴったりだったので 即決!



長年待った甲斐があったと うれしくなりました。



















c0306734_11445332.jpg



我が家の 北欧マグたちとの相性も バッチリです。














これから ますます ティータイムが楽しくなりそうだわっ、と


一人で ワクワクしていたら  いいものを見つけました。



















c0306734_1146935.jpg



たまたま図書館で借りてきていた本。


「 かぎ針編みのあったかこもの 」 レディブティックシリーズ3314号





この本の中に ぴったりなものが!

















c0306734_1147497.jpg



これ、これ!









新入りのルクちゃんにぴったりなので さっそく作り始めました。










使ったのは Rowan の Handknit Cotton から 


めずらしく 見本と同じような色。










c0306734_114934100.jpg



ブラウンと マスタード。


この2色のコンビネーションって 秋らしいし 大好き!












まずは 図案通りに 表を編みまして~ すぐに完成。


でも これだけでは ちょっと ふにゃふにゃして頼りない。



かといって 同じものをもう一枚編んで 2枚重ねというのも


なんだか 分厚くなり過ぎる感じ。






なので 裏は フェルトにしてみました。














c0306734_11512610.jpg



編みあがったポットホルダーで型をとって 円形に切り~~
















c0306734_11535424.jpg



ブラウンの毛糸を使って ブランケットステッチで 表面と縫い付けます。




でも いつも ブランケットステッチって 最初と最後が わからなくなる~












c0306734_11562112.jpg



だから この辺 ちょっと失敗。


しかも 毛糸でのブランケットステッチ、 なおかつ 表もすくいながらなので


けっこう 大変でしたが 出来上がりは 満足~















さっそく ルクのティーポットと合わせてみましょう~

























c0306734_11592095.jpg




サイズは ティーポットに合わせて 本のものより 数段増やしました。












リングを フタにかけてみたり~


















c0306734_120253.jpg











こんな風に使ってみようかと 想像してみたり~~




















c0306734_121442.jpg











鍋敷きにもなります。























c0306734_122135.jpg








秋のティータイムが お気に入りのティーポットと ちょこっとハンドメイドで


ますます 楽しくなりそう・・・・・



















c0306734_1231649.jpg












さぁ これから モンブランでも買ってきて



お茶でもするとしますかっ。












みなさんも 秋のティータイムを楽しんでくださいね~♪







にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]





我が家のトイレは ブルーです。























c0306734_14111284.jpg




夏は涼しげだし この色が 落ち着くので 私は 気に入ってます。





















c0306734_14123028.jpg



手洗いシンクの ウッドの色との相性もいいかな~と思って 選びました。

















そんな ブルーのトイレを気に入ってくれているのは


わたしの他にも もう一人・・・

















c0306734_14134678.jpg




おや おや リッキーさん!





時々 姿が見えないなと思ったら


こんな所で おくつろぎのところに 出くわします。



















c0306734_1414432.jpg




どうやら 爆睡モードのよう。




そんなところにいたなんて 知らなかったよ~















ちなみに 上からの図。




















c0306734_14165087.jpg





パズルのように ぴったり 隙間に入っています。












でも 狭くないの?






















c0306734_14174072.jpg




そうすか。










ワンコって お家の中で いろんな自分なりのスポットを見つけますよね。




でも まさか トイレのココが リッキーのお気に入りに加わろうとは!






この間は 急いでトイレに入って  ふぅ~~っと 用を足していたら



のっそりと リッキーが隙間から出てきて びっくり仰天!




最初から 中にいたのに 気づかなかった!!








リッキーも家族だから 家のどこでくつろいでくれてもいいけどサ、



時々 ふいに ママを驚かすのは やめてね。












にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]


日本でも ずいぶん 盛んになってきたハロウィン。




子供たちが 仮装した姿は とっても かわいいですよね。




我が家は 子どもたちが小さいころ アメリカで暮らしていたので




ハロウィンには 特別な思い入れがあります。




今日は そんなハロウィンの思い出を フレームにしたてた




過去のハンドメイドの作品を ご紹介させてください。











まずは フレームの全体像。
















c0306734_13275316.png




黒縁の 立体の額を買って


その中に 子供たちの写真とともに いろんなものを 閉じ込めてみました。










まずは 子供たちのハロウィンの写真を 切り取ります。











この当時 娘は小学校1年生。


息子は 幼稚園の年少さんでした。



2人のこの年の仮装は こんな感じ。














c0306734_1330045.png



娘ちゃんは ティンカーベル。



パンプキンのバケツを持って これから trick or treat に GO!というところです。








一方の息子くんは 幼稚園で作った 手づくりの衣装。


何だか わかりますか?













c0306734_1331551.png




これ、彼がお気に入りの映画「 toy story 」から


バスライトイヤーの 仮装を作ったつもり。



ちゃんと背中に ウイングもあって なかなか良くできていましたよ。



最近は手作りの衣装を着ている子は少ないということで



アメリカ人の大人たちにも 大好評でした。








フレームの中を開けて 中身をご紹介しましょう。













c0306734_13432672.png




全体に敷いたのは ハロウィンのスクラップブッキング用の台紙です。



そこに スクラップブッキング用の 立体シールをいろいろと貼っています。



最近は 手の凝ったシールが増えているので



そうしたシールを使って 何か作ることはできないかと考えたのが



このフレームづくりのきっかけでした。



台紙もシールも 日本でも手に入ると思います。















c0306734_13451645.jpg




タイトルの ”Halloween ”も シールですが



もう一枚 別の台紙を敷いて ちょっとアップグレード。










c0306734_13465027.jpg



ハロウィンといえば クモにおばけ そして コウモリ。



3,4種類のハロウィンのシールから 組み合わせました。







そして・・・・







c0306734_13475548.jpg



わたしが大好きな candy corn.


アメリカで古くからある ハロウィンというと出てくる 伝統的なお菓子です。


とっても甘くて おいしい!






ハロウィンといえば お菓子!




娘ちゃんの手元のバケツにも・・・・・











c0306734_1348598.jpg




シールのお菓子が たくさん くっつけらています。(笑)



立体的で おいしそうな お菓子のシール~











そして ハロウィンの舞台は こわ~いアメリカの夜の住宅街。



(アメリカでは 夜 暗くなってから trick or treat に出かけます )














c0306734_13505971.jpg



不気味なフクロウさん。


シールとは思えないほどの 完成度の高さ。












アメリカのお家は みんな お化け屋敷のようにデコレーションしてあって


怖いんですよ~




そんなシールもあったので ペタッ。














c0306734_13533530.jpg





アメリカのお家は 前庭にこうして 墓石を置いたり



ガイコツを転がしておいたり  木から 白いシーツをぶら下げてオバケに見立てたり



お菓子をもらいに来る子供たちを 本気でおどかしてくれます。


(子供に付き添っていた 私も 夜は本当に 怖かったぁ~)











c0306734_13571190.jpg



アメリカでは こんな プラスチックでできた墓石が


ハロウィンデコレーションのグッズとして 雑貨屋さんにたくさん売っているんです~



けっこう大きくて 本当の墓石のサイズぐらいあるのですが



それを収容できる お家の大きさも羨ましいですよね。














そして 家の玄関には jack o'lantern。(ジャック・オ・ランタン)







c0306734_13564149.jpg




これは アメリカのミニチュア作家さんに いただいたもの。


樹脂粘土で手作りしてあり



そこに私が 油性ペンで 顔をかきました^^;





夜の誰もいない家の前に  本物のかぼちゃをくりぬいたランタンが



炎をゆらめかせて 薄ら笑いを浮かべている様は




本当に 怖い!

















c0306734_1453041.jpg




横には 息子が アメリカのカーニバル(お祭り)の景品でもらってきた



プラスチックのクモも 添えてみたりして・・・・。
















手前のガラスのカバーの所には













c0306734_1473859.jpg





これまた ハロウィンには欠かせないモチーフ、黒猫を



別のハロウィンの台紙から切り取って 配置。











そして ハロウィンの主役? 



魔女は かぎ針で作ってみました。















c0306734_1484386.jpg




夜空には やはり witch がいないとね。



( 作り方は 
  はじめてのレース編み季節の行事立体プチモチーフ100 (アサヒオリジナル 258) [ムック]
  に 載っています )










とにかく 市販のシールを 子供たちの写真とともに


じゃんじゃん貼り付けただけですが 


毎年 ハロウィンの季節になると このフレームを出してきて



楽しかった アメリカのハロウィンの懐かしい思い出に浸ると共に



日本の秋を感じています。















c0306734_1415719.png





写真でもない、スクラップブッキングとも ちょっと違う、



こんな記念日のフレームづくり、



誰でも 市販のものを組み合わせればできる



簡単ハンドメイドですので よかったら 作ってみてください。













では また~♪










にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]



また すごい 海外のアーティストに出会ってしまいました。



今回 ご紹介する方は かぎ針は かぎ針でも



極細のワイヤーを使って アクセサリーを制作されるという



ワイヤークロッシェの アーティストさんです。




まずは 作品をご覧いただきましょう。














c0306734_13175711.jpg





1本のバラでも ワイヤーで作ると


なんだか アンティークローズと呼びたくなるような 存在感。










c0306734_1221378.jpg




ワイヤーなのに この色の明るさ。


鳥の生き生きとした 感じが こちらにまで 伝わってきます。













作者は イギリス人の サフロン・ジョーンズさん。31歳。



イギリスの芸術学校などで学び 7年ほど前に ブルガリアに移住されたそうです。



サフロンさんは 自然に囲まれた環境で育ち



小さいころから 森の中で 花や虫、動物などを見るのが大好きで



いつも それらの生き物たちが 生き生きと暮らす「 別の世界 」を 夢見ていたそうです。



そんな 彼女の頭の中にある 夢の世界を表現するには どうしたらいいか・・・。



いろんな材料や技術を試した結果



ついに サフロンさんは カラーワイヤーという 材料に出会い、



「 これこそ 私が求めていたもの! 」と 直感したそうです。







だから 彼女の作品には 夢があふれています。



小さな女の子が 森の中で 夢見ていた世界が そのまま 表現されています。











c0306734_12364399.jpg




この飛んでいるブタちゃんの表情が とっても 生き生きしている!










c0306734_12371780.jpg




シカちゃんも 飛びます!





夢の世界は広がって・・・・・









c0306734_12391229.jpg




うさぎちゃんは 凧をあげていますよ。




でも これ ちゃんと アクセサリーになっているんです。


豚さんと シカさんは ブローチですが


この うさぎちゃんは・・・・・













c0306734_12402782.jpg




なんと 指輪!



気分によって うさぎさんと 凧さんの位置を変えられるのも 楽しい!






こちらは ブローチ。













c0306734_12411716.jpg



ねずみさんの 足元の ピンとした感じが すっごく いいわぁ~


本当に 楽しい音楽が 聞こえてきそう!













サフロンさんが 使っている ワイヤーは 0.2mmが多く 最も太いものでも 0.5mmとか。


そして その細さのワイヤーで 地球上に存在する ほぼ 全ての色を集めたそうです。



だから 動物たちが あんなに 生き生きして見えるのかな。


きっと たくさんの色が 使われているんでしょうね。









カラフルな世界は こんなところにも・・・・・。











c0306734_12441555.jpg




ユニコーン。 かわいい。










c0306734_12442985.jpg



虹を見ると ハッピーな気分になれますよね。










ちなみに 偉大なアーティストである サフロンさんですが


かぎ針編みをするようになったのは ほんの数年前のことだそう。


ワイヤーを使って何かを表現したいと思う時に


かぎ針編みでやってみることを思いつき、


それから 自分で 本やビデオを見て 独学で かぎ針編みを習得したそうです。



すごい!








ワイヤーだと こんなに小さな作品に たくさん色を使っても 


あんまり糸始末に苦労することもないのかしら、なんて 思ったり・・・。






ビーズやメタルパーツを組み合わせたりもして


サフロンさんの ワイヤークロッシェの世界は どんどん 広がっています。











c0306734_1394395.jpg











c0306734_13184255.jpg











サフロンさんの作品が買える web shop ’ other worlds ’ は  こちら












それでは みなさん よい週末を!





にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]



わたしは 毎晩 晩酌します。



というか 晩御飯を作り始めるタイミングで



まずは プシュ~  ごくごく  ぷっはぁ~~  (爽健美茶ではありません)



そこから ちびちび やりながら 夕飯を煮たり焼いたりし、



料理が出来上がったら まだ ちょっと残っている お酒を持って 食卓へ。



作っている途中で ほとんど飲んでしまっていて あと2口ぐらいで 終わってしまうのですが



「 いただきます 」の タイミングで その最後のお酒を 飲み干す!



これが もう 自分で 自分に 「お疲れさん」の 至福の時!!




ちなみに だいたいは 近所のスーパーで求めた発泡酒。



時々 新しい味やブランドが出るので お試ししたり



夏は チューハイにしたりすることもありますが



だいたいは 第2、第3のビール  ですね。






でも たまにデパートに行ったり 成城石井やカルディ―に行くと



面白いお酒はないかしらん?と チェックするのが楽しみなんです。










今日は そんな私が最近 仕入れた 


「かわいい お酒」を ご紹介したいと思います。













まずは この年齢になると お菓子じゃなくて まさかの!




お酒の パケ買い!!




見た目がかわいくて 買ってしまいました。














c0306734_1117470.jpg



ひたち野 ネストビール!


オウムのデザインが かわいいでしょ?







ラベルのデザインは まるで おしゃれな雑貨のよう。











c0306734_11184697.jpg




海外のビールの いかにも 「ビール」な かっこいいラベルデザインもいいけれど


こんな風に お酒らしくない 「かわいい」デザインもいいですよね。




王冠も 手を抜きません。










c0306734_1120318.jpg



このまま 裏に磁石をつけて おしゃれマグネットにしても いいかも~~。








食べ物だろうが 飲み物だろうが 化粧品だろうが


わたしは たいていの商品を パッケージで 買います。


だって そこに 商品の理念やメッセージの全てが込められているし


そこに わたしがピンと来たということは


きっと その中身も わたしにピンと来るものであるはずと 思うから。






実際に このフクロウビール、 


しっかりとした 麦芽の味わいが楽しめる本格的なビールでありながら 


さっぱり感もあり とっても 飲みやすかったです。



国産ビールでも こんなに濃厚な味が出せるようになってきたのね、と うれしくなりました。










続いては こちら。






















c0306734_11241697.jpg



ネコ好きには たまらない?  「 水曜日のネコ 」 ビール。



どちらかというと ワンコが好きな私ですが このネコちゃんの色使いや



おしゃれなデザインには やられてしまいました。





中身も とっても こだわっています。



ベルギーの本格的なビールの製法にのっとって 国内で製造されていますが



わたしの大好きな いわゆる フレーバービール なんです。



オレンジピールとコリアンダーシードが 加えられ



青りんごやオレンジの香りが楽しめる 一品。 



それでいて ごまかしのない ビールの味が ベースにあり



ちゃらちゃらしたビールカクテル(何それ?)とは 一線を画す 



本格的な フレーバービールです。



変な甘さはなく あくまでも 香りを楽しむ感じ?



ホワイトエールがベースなので さっぱりしていて 



飲んでいて楽しいビールでした!












こちらは パケ買いといえば パケ買いだけど ちょっと違うかな。















c0306734_11324045.jpg



なんか メロンと北海道に 惹かれた~



甘めのチューハイですが、


メロンの果肉がたっぷりの本格的なもの。



まさに ゴツゴツって 感じで 果肉が入っていて



最後の方は もう メロン食べてました。



とっても贅沢な お酒です。
















昔は お菓子のパケ買いが 楽しかったけど


今はこうして 知らなかったお酒を発掘するのが 楽しい~




以前は 輸入物や海外の物がめずらしかったけど


今は 国内でも いろんな地ビールが発売されていて


フレーバービールなども 様々。


ビール一缶なら 高いといっても 知れているし


アタリでも ハズレでも 気軽に挑戦できるような気がしませんか?


(ま、だいたい アルコールの味さえすれば ハズれなんてないですが )





高級ワインを集めるのも楽しいだろうけど


こんなお酒の楽しみ方も いいかもっ!!






みなさんも かわいいお酒や 


かわったビールがあったら 教えてくださいね~









それでは また~♪








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by crochetricky | 2013-09-20 11:56 | Comments(0)


前記事で作った こちらのコサージュ




どうやって使おうかと考えた時に 




ふと目に入ったのが コレでした。

























c0306734_1053076.jpg



ナチュラル系の リース台。 (ナチュラルキッチンで100円!)



ためしに コサージュをひっかけてみたら なんか いい感じ。









んじゃ これを リースにしてみましょっ!ってことで



他のパーツを 作り始めました。












まず 出してきたのは こちら~





















c0306734_10543793.jpg



渋谷のマルナンさんの閉店セールで ゲットした レース。


なんと 1M=10円!



でもね、これ・・・・ ココだけの話・・・・・・・・・ 下着用だと思う。





薄手で ストレッチきいてるし。 



なんだか ババシャツについていそう??











でも そんなの 関係な~い!



使い方次第では 下着レースの方が かわいくなるのだ!!










まずは レースを 長さ50センチに切り、 横に二つに折って~~~~~


















c0306734_10562384.jpg



ぐし縫いします。






そして 最後まで縫ったら ぐぅぅ~~~と 引き絞り、 



それを くるくる~っと 丸めたら~~~~



















c0306734_10574653.jpg



かわいい レースフラワーの完成!




ポイントは 始めは きつく 、最後は 花らしくみえるように ゆるめに巻くことでしょうか?





かわいいですよね?






もう一個は レースの柄が違ったのですが、




こちらも かわいくできました。















c0306734_10595646.jpg



これで レースフラワーが 2個完成です。










さらに パーツが必要よね~~~と



今度は 一番 簡単な お花のパターンを かぎ針で ガシガシ。





















c0306734_1105877.jpg



コサージュのグラデーションカラーにも使った 茶系の糸で


2色のお花を編みました。









さて 真ん中は どうしよう、って ことで、



まずは パールのビーズを中央に置き~~~~~









c0306734_1121488.jpg



木工用ボンドを どどど~~っと出し 周りに 小ビーズを配置。



(ボンドは透明になって 仕上がりは きれいになります)












でも まだ なんか 寂しいのよね~~~




そしたら こんないいもの見つけた!















c0306734_1153788.jpg



セリアさんで売っていた レースモチーフ!


ちょうど 花の感じが ぴったり????









合わせてみると~~~~~


















c0306734_1163061.jpg



いいんじゃな~~~い?















まだまだ 余白がある部分については こんな風に~~~~












c0306734_1173049.jpg



これまた 100均のレースを 大活用。














はてさて、 これまで リースなんて 作ったことはないし


フラワーアレンジメントの知識も皆無の私。



見る人が見たら なんじゃこりゃ?な 配置かもしれませんが


なんとな~く これでいいかな~~?のMYルールに従い 


作ったパーツを グル―ガンで じゃんじゃん 貼り付けていきました。


(自分用だし 楽しければいいのだっ!)









完成です。










レースとリネンのナチュラルリース。です。









じゃん。































c0306734_11112411.jpg









お花の部分のアップ。














c0306734_11134280.jpg




コサージュの両側に レースで作ったフラワーを合わせ



さらに その外側に かぎ針で編んだお花のパーツを 配置しました。



















c0306734_11143741.jpg



反対側は お花だと ボリュームが出過ぎるような気がしたので



レースを巻き付けて アクセントに。























c0306734_11152642.jpg




本当は もっと秋らしいリースを作ろうと思っていたのですが


コサージュを中心に据えたことで


ずいぶん ナチュラル系のリースになりました。




ま、これは これで まとまっているし


秋でもないけど その他のどの季節でもないイメージなので


逆に言うと いつでも 使えるのかな???







コサージュのお花の部分は取り外せるので


飽きたら また 別のコサージュに付け替えてもいいですね。











当初 目指していたはずものとは全然違う物になってしまいましたが


とりあえず 玄関のブリックの壁にも合うようなので


そこに飾って 楽しんでいます。










リースって 円のすべてを埋めないといけないのかと思っていたし


フラワーアレンジメントの知識でもないと うまくいかないのでは?と


ビビっていたのですが


これぐらい少ないパーツであれば 私のような素人でも何とかなりました。






みなさんも 手持ちのコサージュや かぎ針で編んだお花などがあれば


まわりにちょっと付け足してあげるだけで かわいいリースになるので


是非 挑戦してみて下さいね~~~










では また♪








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]