カテゴリ:海外編み物事情( 62 )

みなさん こんばんは~emoticon-0115-inlove.gif


先週は あるバザーに出すために
ミニミニバッグを作り、
また その作り方を教える講座を開催したりもして
とっても 楽しかった~


ほんの数か月前に かぎ針編みをはじめた人が
ミニバッグを上手に編めるようになっていて 感激!
(もちろん つきっきりで指導はしましたが(^_^;))


仕上がったバッグは みんなでデコして
とってもかわいく仕上がりました。


作品をみなさんにお見せできないのが残念!


******************************


さて、今日は 海外から こども向けの大きな遊び場を

なんと かぎ針編みで 編んでしまうという

アーティストご夫婦のお話をご紹介します。






c0306734_21165915.png

それは まるで 夢のような空間!

この巨大な遊具、 すべて 手づくりです。



作っていらっしゃるのは なんと 日本人!



c0306734_21170215.jpg


テキスタイルデザイナーの ホリウチ トシコ マクアダムさんと 

ご主人の チャールズ・マクアダム氏 が

世界中の子どもたちのために 作っているというもの。




c0306734_21170560.gif


カラフルなデザインのこの巨大な 「編地」の上を
子どもたちは 登ったり 跳ねたりと
とっても 楽しそう~


c0306734_21171033.gif
このすべてが
ホンモノの手編みというのも 驚きですよね~

(現場で編んで仕上げているそうです)



c0306734_21171599.png

ご夫妻は これまでにも

韓国、日本、中国とシンガポールに

このような遊戯施設を作られたという事ですが

これが 世界に広がって行けばいいですよね。


元記事のページには

子どもたちが遊んでいる様子の動画もあります。

興味のある方は ↓をどうぞ。

http://www.buzzfeed.com/sarahaspler/this-massive-hand-crocheted-playground-is-what-dreams-are-ma#.gw2yXmLQw




編み針ひとつで いろんな事ができるのですよね~♪


うちの子たちが よろこびそう。

日本はどこにあるのか 調べてみます♪




それでは また!








にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

世界でもっとも美しい かぎ針編みのデザインを考えた
デザイナーを表彰する 「世界かぎ針編み大賞」

2015年秋の 部門大賞が ぞくぞくと発表されています。


この 「かぎ針編み大賞」は
2009年から 行われ
有名、無名に関わらず
かぎ針編みの作品を自分でデザインし、
その作品や図案を
ブログや Ravelryなどを通して
発表したり 販売している個人なら
誰でも 参加できます。


毎年 たくさんの自薦・他薦候補者が応募し、
1年を 4期にわけて 
季節ごとに 部門ごとの優秀賞を発表、
その年の最後には
最優秀賞を発表しています。



それでは 今季の部門ごとの
最終選考作品を ご紹介しましょう。




まずは モチーフ部門


c0306734_20504836.jpg


続いて クッション部門


c0306734_20504202.jpg

壁掛けかざり部門


c0306734_20573029.jpg

ドイリー部門



c0306734_20573538.jpg


コースター部門



c0306734_20573852.jpg


カップホルダー、カバー 部門


c0306734_20574360.jpg




もちろん 洋服やバッグなどもありますが
こんなに細かい種目?まであるのかと 驚きですよね。


だいたいのデザイナー(といっても 主婦とか個人の方も多いですが)の方は
ラベリーのサイトで 図案を発表しています。

この「かぎ針編み大賞」は
棒針に比べて 軽視されがちなかぎ針編みのデザインの可能性を広げ
かぎ針編みに取り組むデザイナーの活躍を後押しするために
誕生しました。


みなさんは それぞれの部門のデザインの中で
どれが優秀賞をとると思われますか?


また 発表があれば載せたいと思いますので
予想しておいてくださいね。



the crochet award は ラベリーや facebook でも
選考作品の紹介などを行っています。


興味のあるかたは そちらもチェックしてくださいね。



では また♪



業務連絡:
かぎボラ登録メンバーの皆さんには
最初の一斉メールをお送りしています。
ご確認くださいね。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

先日お知らせした Crochet with Ricky の
フェイスブックのページに たくさんの Like を
ありがとうございます!


さて 今日は 
海外でも いつも話題になる このお話。


「ハンドメイド品のお値段」



c0306734_23125660.jpg
(訳)

「あなた わたしに 手編みのものを作ってくれって言うけど
 毛糸の材料費だけで 25ドルでしょ?
 制作時間は 20時間以上かかるのよ?
 
 なのに あなた たった10ドルしか わたしに払う気がないって?
 信じられない!
 ウォルマート(アメリカで有名な安売りの店)にさっさと行けば?」





ハンドメイド品の値段をつけるのって 難しいですよね。

でも 買う側が平気で 材料費以下の値段を言ってきたり

「 これって どう見ても 材料費 1000円ぐらいでできますよね?
  だから 1000円でいいですか?」

みたいな事を言われたら かな~り むかつきますよね。



海外のクラフトフェア(手作り市)では
平気で こういう事をいう人が たまにいるらしく、
(材料費が@@$だから @@$にしろ!的な)

出品者の女性が
「じゃぁ お宅の言う値段でいいですよ」と
にっこり お金を受け取り
手作り品のかわりに その方のお宅に
材料そのものだけを 送りつけたとか・・・・(^_^;)



手編みだけでなく ハンドメイド全般に言えることかもしれませんが
いわゆる「手間賃」を どう加算していくのかは 
非常に難しい問題だと思います。



でも その前に 手作り品にかかる労力を
買う側にも 知ってもらいたいですよね。



それに 今は スラスラ編んでたって
最初は 四苦八苦しながら
ここまで編めるように 成長してきた、
そんな 修業時代あっての 
「制作時間 20時間」 ですからね。

時給=いくら という問題じゃないですよね。



本当は 100円ショップに売っているような
大量消費商品だって 商品が店頭に並ぶまでには
いろんな人の手がかかっているのだと思いますが
いくら手軽にモノが買える時代になったとしても
そういう想像力をなくしちゃいけないな~と思います。




では また♪





にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

毎日暑いですが 
みなさま お元気ですか?



実は 事情があり
(この辺、また みなさまにご報告できる時が来るかもしれませんが・・・)
以前ほど ブログ更新が頻繁にできなくなりそうです。

(皆さんの所にも あまり訪問できていなくて ごめんなさい(>_<))


その代わりといってはなんですが、
以前に アカウントを作っておきながら ほとんど放置していた
facebookのページを 動かし始めました。



内容は ブログ同様、
すてきな海外の作品や 無料図案のご紹介などです。

私のアカウントには 世界中から いろんな作品の案内が
シェアされてくるので みなさんにもご紹介できたらなと思います。


興味のある方は
Crochet with Ricky を 
Like してみてくださいね!




それでは また♪





にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]


動物のはく製といえば 海外のお宅でも よく飾られていますよね。


こんなのが よく見るヤツ。





c0306734_22233048.jpg


さすが 狩猟民族。

今は ニセモノをインテリアとして おしゃれに飾るみたいです。


c0306734_22233362.jpg
奥の方に 3つも並んでる~



で、インテリアのアクセントにするのなら これを かぎ針編みで作っちゃいましょう!という

アーティストさんが いてですね・・・。


かっこいいのを 作っていらっしゃいます。


こんなの。


c0306734_22075326.jpg
カラフル~ 

しかも モチーフ技で決めてきた!



c0306734_22075101.jpg
ちょっとかわいめ、ユニコーン。

子供部屋とかに よさそうですね。






こっちは かなり大人向け。


c0306734_22075639.jpg
カタチが リアルすぎる~~


こちらは 作者さんと一緒に。


c0306734_22075900.jpg
すごい、すごい!!


グレー系だけで この立体感!!


毛糸なのに 皮膚の感じがリアルに再現されているように見えます!



もっと かわいい動物も。







c0306734_22080442.jpg
うさちゃんも オブジェというより あくまでも 「はく製」感を大切に!?





これらを作っていらっしゃるのは dellicious crochet さん。(デリシャスですが Lが二つです)



c0306734_22184002.jpg
もともと 編みぐるみのパターンなどを販売されていましたが

現在は こちらの かぎ針で作るはく製の カスタムオーダーが 大人気の様子。


Etsyなどにお店を持っていらっしゃるのに 

なぜか 「はく製」系は掲載されていなくて値段がよくわからないのですが、 

オーダーを受けていることをあまり大っぴらにしたくないぐらい お忙しいみたいですよ。


どれも すばらしい作品ばかり。

作るのも 時間がかかるし 大変なんでしょうね・・・。


目の保養をさせていただきました。






もっと作品をご覧になりたい方、
ご自宅のリビングに是非オーダーしてみたいという方は
彼女のfacebook ページを通じて 連絡してみるといいみたいです。


https://www.facebook.com/delliciouscrochet/timeline





では また♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

c0306734_20523734.jpg

アメリカ アリゾナ州に暮らす Antoinette DiGiacomo アントワネットさん は 95歳。

現役 バリバリで かぎ針編みを 楽しんでいらっしゃいます。



アントワネットさんが かぎ針編みをはじめたのは 1945年、今から 70年ほど!前のこと。

最初のお子さんを産んだのをきっかけに 本を見て 

独学で 棒針やかぎ針で編み物を楽しむようになったそうです。

ずっとカリフォルニアに暮らしていましたが、ご高齢になり 持病もあったため

4年前、アリゾナ州に暮らす お子さん夫妻の近くに 引っ越してきました。




アントワネットさんは もはや 自分で外出することができません。

環境も変わり 友人とも離れてしまいました。

10年ほど前に 心臓発作で倒れた後遺症から 右手には麻痺が残ります。




「でも 扇型のステッチなら 大丈夫!」と アントワネットさん。



まだ動く右手の指を使って 針の持ち方を工夫し

扇形のステッチだけなら なんとかできるようになったそうです。

視力も落ち ほとんど見えないため、

手元を見ることなく編めるよう 訓練しました。



出来ない事がたくさんあるアントワネットさんですが

まだできることがある!と 前向きに

かぎ針編みのブランケット作りに 日々 いそしまれています。




作ったブランケットは 病気の子どもたちがいる病院や 教会に寄付しています。

もう何枚作ったかなんて数えていない、というアントワネットさんですが

ある慈善団体によると 去年だけで 170枚のブランケットを寄付したそうです。




編み物は私の人生そのもの。

編み物をするのが 私の楽しみだし これで 他の人の役に立つことができるのなら

こんなにうれしいことはない。という アントワネットさん。



編み物を続けることで 毎日 心穏やかに 充実した生活ができているそうです。




人は何歳まで 編めるものなんでしょうか?




先日亡くなった曾祖母も 編み物の達人でしたが
年を取ってくると 指先が固まってきて 自由に動かないと
編み物は やめてしまいました。


もう充分作ったし セーターなんて 山ほどあるし・・・と言っていました。


実際 いつも 自分の作った セーターやらベストやらを3枚ぐらい 重ねてきていました。


でも これが 他人の為とか
どこかで 喜んでくれる人がいる、とか
そういう 社会との接点になるような 編み物だったら
もっと続けられたんじゃないかな、と思います。



編みたいけど、いろんな理由で 編めない、と思っている方がいたら残念ですね。



何歳になっても 置かれた状況の中で
まだまだできることがある、
楽しめる方法はある、
そんな風に 知恵をめぐらせながら
暮らしていけたらいいなと思います。



引用元記事(英語)
http://www.gvnews.com/lifestyle/year-old-joyfully-crocheting/article_2cd23726-ad6f-11e4-8c0f-036e120ba1f6.html



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]


まだまだ ドイリーを使った素敵な作品があるので

ご紹介させてください。



ウエアのワンポイントも
こんな風に使えば セクシー?





c0306734_21543951.jpg






インテリア雑貨や ベビー用のオーナメントとしても 素敵。




c0306734_21544308.jpg
レースペーパーなどと組み合わせることで 質感の違いも楽しめますね(*^_^*)

(たくさんの枚数を編まなくてもいい、とも言えますね)






1枚をゴージャスにデコレーション。




c0306734_21544940.jpg
周りはワイヤーで作ったり 刺しゅう用のフープを使ってもオシャレですね。

レースや羽、ビーズなどで飾ると ゴージャスです。





枚数をつなげて、テーブルセンター。




c0306734_21545236.jpg
このバラバラなかんじが いいんですよね~






こちらは 壁掛け用に。







c0306734_21550193.jpg
紅茶で染めて ヴィンテージ感を出してみるのも いいかも。

生成り~白と 色味にバリエーションが出た方が 奥行がでますね。






最後はやっぱり コレかな。


c0306734_21545874.jpg

所々にカラーものを入れているところが ニクイですね~





我が家でも たくさんのドイリーがあったので カーテンのように利用したことがあります。

私の場合、ずぼらなので 窓に直接 ドイリーを シールのように 貼り付けましたが(^_^;)

その窓は 通りからも見えるので 通行人の目線をさえぎり それでいて 光が入るようにということで

ドイリーを活用したのですが、

ご近所の おばさま方は なかなか目ざとく、

「あれ、編んだの?」と たくさんの方から 尋ねられました。









・・・・・・夫が。(笑)





なぜか 私に聞いてきた人は 一人もいなかったのに

夫が家の前にいると 「あれ、奥さんが編んだの?」と

必ず 聞いてくる方がいたそうです。(^_^;)



夫がゴミ出し当番だからかしらん??





1年ぐらい窓を飾っていたのですが
さすがに 窓掃除をしたくなり ドイリーは外してしまいました。


また ドイリーで何か 作ってみようかしら??




みなさんも 何か ドイリーを使った作品を作られたら
是非 教えて下さいね~ヽ(^o^)丿






では また♪







にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]



ドイリーネタを 続けます。



ドイリーを集めて いろんなものが作れるようです。



空き瓶を使って・・・・






c0306734_22441714.jpg


1枚を前面に貼り付けるだけで おしゃれな キャンドルホルダーに。

ドイリーが作り出す 「影」が いい味を出すんですよね~






お部屋のライトにも使えます。




c0306734_22442694.jpg


c0306734_22442917.jpg

明かりがついていない状態でも 充分きれいですが、

これが 夜、明りがともされると また 別の味わいが楽しめるんですよね。







ランプシェードの形を変えることもできます。




c0306734_22444991.jpg




風船に ドイリーを貼り付けて 糊で固めれば ↑のように すてきな 半球形のランプシェードに!

白や生成りだけじゃなく カラードイリーを組み合わせても おしゃれですね。




もっと 大きくもできます。



c0306734_22445571.jpg

壁に映し出された影の 美しいこと!!


和紙のランプも 明りが柔らかくていいですが ドイリーもすてき~~

(和室にも合うかも?)





ふにゃふにゃのドイリーも こうして糊で固めれば

いろんな形が作れるってことで こんな物も・・・・




c0306734_22451578.jpg

ひっくり返して 小物入れ~~~~





c0306734_22452420.jpg

ワインボトルなどを使えば 鉛筆立ても作れます。





ドイリーは 最後 糊付けするのが基本ですが

その糊を 思いっきり固くすることで

平面から 立体へと 可能性が 広がるということですね。(考えつかなかったワ)



他にも いろんな形に変化させることができるかもしれませんね。





それでは また♪








にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]


今朝 メールを開けたら

海外の編み物ブロガーさんから とても悲しいニュースが届いていました。



c0306734_21193469.jpg

オランダ人のデザイナー ウィンクが 亡くなったというのです。




彼女とは ブログを通じて ほんの数回 コメントをやり取りした程度でしたが
オリジナルのパターンを購入させていただいたこともあり
SNSでもフォローさせてもらっていたので 大変驚きました。


とても素晴らしい作品を作られる方で
彼女のことや 彼女の作品を このブログでも取り上げたこともありました。


最近は CALを自ら主宰されていて
私は 残念ながら参加はできませんでしたが、発表されるパターンはストックしていて
是非 自分の作品が落ち着いたら 編みたいと思っていました。



c0306734_21191979.jpg
winkがデザインコンテストに出品した ハートのショール。




Winkは 2011年にブログデビューして以来
カラフルでユニークな作品を次々と発表し 瞬く間に人気デザイナーとして
様々な メディアに取り上げられるようになりました。



特に彼女の作る マンダラは 
海外のカギ編み界に ちょっとしたマンダラブームを巻き起こしたものです。


c0306734_21193139.jpg
c0306734_21192869.jpg
c0306734_21214375.jpg

ブログの作り方解説なども とても丁寧で
昨年は 本も出版され、2冊目の本が 今年の秋にも出る予定だったというのに なぜ・・・?


かぎ針編みコミュニティーのみんなが ショックを受け
そして 深い悲しみに沈んでいます。


イギリスのかぎ針編み雑誌 simply crochet の編集者の方も
彼女の作品を何度も取り上げたし 雑誌の特集ページにも協力してもらい
本人と お仕事をしたことがあったので
とっても ショックを受けておられました。



c0306734_21192438.jpg

彼女の訃報を知らせてくれたのは 妹さんでした。

なぜ ウィンクが死んだのか、何があったのか、すべてブログで記事にして
教えてくれました。

タイトルは 「good bye but not farewell」 → 記事は こちら (英語)

さよなら、でも これで 終わりじゃない。 また 会える日まで・・・という意味です。



確かに 彼女の存在は消えても
彼女のブログや作品は ネットの中で 永遠に生き続けるわけで・・・。



wink、、、世界中の人が これからも あなたのマンダラを作ると思うよ。
今は ゆっくり休んでください。


Dear Wink,

My sincere condolences to you and your family.
May you rest in peace, we will miss you.





にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]

ドイリー活用法の話題が 意外に好評だったので、

6月が終わる前に ジューンブライドのネタを・・・。



ドイリーで ウエディングドレスを作った人がいるそうです!



まずは その美しい作品を!!




c0306734_22054644.jpg


花嫁ご本人がドレスを作ったそうです。

まず ベースとなるドレスを作るべく、ヴィンテージのドレスを探し、

(大量生産の現代にはない 味のあるデザインが多いんですよね)

そのドレスを解体して 型紙を起こし、ドレスを作成。



それから そのドレスの形に合わせて さまざまな大きさやデザインのドイリーを編み、

ドレスの上を埋め尽くすように つないでいったそうです。



c0306734_22054458.jpg

これだけの枚数のドイリーを新しく編んだなんて すごいですね!


この女性の結婚式は ハンドメイドのものにこだわったものだったそうで、

ドレスもブーケもハンドメイド。

お料理はもちろん、会場も 国立公園のようなところで

友人を写真撮影係にして お祝いもすべてハンドメイドのもの、だったそうです。



わたしのアメリカの友人にも やはり そういうハンドメイドにこだわった結婚式をした人がいました。

白いシンプルなドレスを着た花嫁に 参加者が全員 手づくりの「花」を加える、というのがルール。

自分で育てた 本物の花でもいいし、アートフラワーや 布花、もちろんかぎ針で編んだ花もOK!)

みんなが思い思いの花を持ち寄り 花嫁のドレスを飾っていったそうです。

とっても 素敵なアイデアですよね!




わたしも 手づくりウエディングにあこがれを抱いていましたが

まさか ドレスを手作りするという発想はなく・・・・

しかも 現実は フルタイムで仕事をしていたため

準備は 式場の方に ほとんど任せっきりで

あまり 自分らしいテイストを加える余裕はありませんでした。

(招待客へのサンキューカードを前日に徹夜で手作りしたぐらい・・(ー_ー)!!)



手作りにあふれたウエディングも うらやましいですが、

何日も何週間も その準備のために 時間をかけることができるというのが

何よりも 贅沢だし そうして準備した結婚式は たとえ 

お金のかかった「盛大」さはなかったとしても

誰もの心に残る 素晴らしい式になることでしょう。




最近は お金が勿体ないから 結婚式のたぐいはしないという若い方が多いと聞きますが

こういうイベントって なかなかする機会がないから

個人的には 一生に一度ぐらいは やってみてもいいのになぁ~と思います。




さぁ 今も どこかで 未来の花嫁さんが

結婚式の準備に大忙しかな?



すてきなお式になると いいですね♡







にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]