【海外図案】モリーの花

本日2度目の更新です。


海外から また かわいいお花の図案のご紹介です。


最初に この図案を紹介した人が名付けたのでしょうか?

このお花は 「モリーのお花」 と呼ばれていて

mollie flowers とすると けっこう 検索ヒットします。

こんな風に 海外の有名な図案には 名前がついているので

分かりやすいし 楽しいですね。



そのモリーの花とは こんなお花です。




c0306734_21361513.jpg



ふっくらしていて かわいくくて たくさん作って つなげることもできます。


それでは この モリーの花の作り方です。




【モリーのお花】


① わの作り目で くさり1目で立ち上がり 細編み6目を編む。


c0306734_21403273.jpg



 花びらと色を変える場合は いったんここで糸を切り 糸始末します。


② 糸をつけ くさり3目で立ち上がり 4~5目の玉編みをします。(糸の太さで調節します)


c0306734_2141501.jpg


   玉編みは 中長編みの状態を 4回~5回くりかえし、
   最後に 針にかかった糸を 一度に引き抜きます。

    ※ この時 立ち上がりのくさり目と同じぐらいの高さになるように
      毛糸を 充分 引き出すようにしてくださいね。 

   最後にくさり1目を 玉編みを引き締めるために 編んでおき、
   そのまま くさり3目を編みます。(合計4目)

c0306734_21441490.jpg



③ 元の目にもどり 引き抜きます。


c0306734_21451537.jpg




これを 6回くりかえし 花びらを6枚作ります。




パステルカラーで 編んでみました。



c0306734_2145576.jpg



花びらが ぷっくりしていて かわいいですね。

玉編みは 4回したのですが 5回ぐらいした方が ボリュームが出てよかったかもしれません。
(引き上げの高さも 少々足りなかったようですね (>_<))

毛糸の太さによって 調節してみてくださいね。



お花同士を 編みながらつないでいくと もっと玉編みの部分が前面に出て
より ふっくらとした花びらの質感が強調されるようです。



c0306734_2153093.jpg



グラデーションでつなげると 素敵ですね。



単体でも つなげてもかわいい モリーのお花でした。



※後日追記 : モリーの花 再挑戦して作り直しました。
           その記事は こちら



pattern source : Roman Sock
yarn : acrylic and wool blend
hook siza : no.7



にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ
にほんブログ村
[PR]
by crochetricky | 2014-07-28 21:55 | 海外の図案 | Comments(4)
Commented by みんみ at 2014-07-29 21:17 x
今日送りました。そしてまた今メールも出しました。ボランティア初で何もわからず、質問攻めにしまして、すみませんでした。m(_ _)m
皆様方と比べると、ホント少量で恥ずかしいです。w
Commented by crochetricky at 2014-07-29 22:06
みんみさん、

いえいえ、質問攻めなんて・・・・こういうボランティアって日本では なかなかないですものね。
量は本当に関係ないんですよ。だって 100個作ってくれた人がいたとしても 1個足りなければ記録更新にはなりませんから~ 1個の方も100個の方も お気持ちは同じだと思っています。 作品の到着楽しみに待っていますね~
Commented by naoccino at 2014-08-09 17:51 x
このお花、IGですごく素敵な作品が紹介されていたのですがそこに使われていて、どうやって編むのか気になっていたんです。さっそく編んでみましたが、芯を裏にして玉編みを編んでから裏返すとぷっくりかわいいお花になるような気がしましたよ。本当にかわいいお花ですね( ´ ー ` )
やってみたらそれほど難しくなかったので、もう少し早く作って一緒にお送りすればよかったなー、なんて思いました(苦笑)
Commented by crochetricky at 2014-08-10 09:49
naoccinoさん、

アドバイスありがとうございます。元のレシピを良く見ると つなぐ時に裏返すようなことが書かれていました(^_^;) アドバイスに従い もういっぺんレシピみて さらに目数を増やしたらうまく行きました! また改訂版も記事にしたいと思います。